06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10.19 (Thu)

「NIGHT HEAD GENESIS」エピソード12&13v

ドラマ第19話「GIFTED与えられし者」をアレンジしたストーリーですが、
感想書くのに全然意気が揚がらない。
エピソード12はまあこんなもんかと我慢できましたが、
13はもう・・
アカン・・・ガクッ(T_T)パソ前で膝をついてしまいました。
あのですね~、何もかもドラマや小説(原作)と同じにしろとは言いませんよ。
ですが、あれは何ですのん?
何故そこまで原作無視して崩す?
曽根崎と兄弟は同じテーブルについてお茶なんかしてちゃダメダメダメ!
直人のセリフじゃないけど、「お前とお茶なんか飲む気分になれない」←こちらも茶する3人なんか見る気分になれない。
だから展開が冗漫過ぎ・テンポが悪いって言われるのよ!
NHKの朝ドラ『芋たこ〇〇きん』のテンポの良さを見習って下さいよ。
私は曽根崎がフラメンコのように手を叩く度にもうイライラして、何度映像消そうかと思ったことか。

曽根崎さん。
あなたが怪しい人だというのは登場してすぐ十分にわかりましたから、
「自分の力に劣等感を持つな。優越感を持て。その力を欲望の為に使え」と言いたいことは手短に言って下さいな。
「御厨が会いたがってたぞ」と不可解な言葉を残して早々に立ち去って下さい。
多くを語らず含みを残して去った方が、あなたに対する兄弟の疑念がくっきりと浮かび上がって来るのですから。

ドラマではチァネリング中の女子大生を(チァネリングも曽根崎の演出)
小説では昌幸とその母親をM.Cで操り、
自分のいいたいことを彼女達を使って言わしめ、
そしてあの迷台詞「ああ・・直也さん、来てぇン」
曽根崎自身も別の場所で、胸を揉みしだき悶えながら言う。
どうして脚本はこの流れにしなかったのでしょう?

ま、落ちる所まで落ちたら次は浮かび上がるしかないことを期待して・・
ア~ア、ここまで来たら゛毒を食らわば皿までも”の精神で、
このアニメ、ラストまで見続けて差し上げますわ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新しいEDも、今ひとつ心に迫って来ないですよ~。。。
いや、私だけかもしれませんが。
音の中に声が埋没しちゃっていて、メッセージが伝わって来ないのです。
音声処理の技術が発達した昨今、J-Pop自体がこうした傾向にあると思うのですが、
ドラマでもアニメでもEDは何か意味があるから、その曲を通して伝えたいことがあるから起用する訳でしょう。
何故この曲を採用したのか?・・わからない。
EDの画像もねえ、特殊加工がしてあって綺麗なんだけれど・・・う~ん・・
『NIGHT HEAD』というだけあって、゛夜”とか゛影”とか陰のイメージが似合っていた2人だったから、
ポカリのCMが似合いそうなカモメ飛ぶ爽やかな海の風景はどうもピンと来ないのです。
これも私だけかもしれませんが。
あっ、そうか。アニメでは陽の光が似合う兄弟像を描きたいのかもしれませんね。

その点、前のEDは良かった。
『言葉』というタイトルだけあって、言葉がきちんと伝わって来ました。
゛直人”さんによる曲だったからかな、直人のテーマになっていました。
ドあたまのサビメロで先ずガッと掴み、いい感じでAメロそしてBメロへと続き、
もう1度サビメロへとなだれ込むという楽曲構成で、
私が好きなタイプの詞と曲だったのも一因でしょう。
アニメの出来が悪くとも(殴)、あのEDを聴くと浄化されるというか、
曲にも画像にもカタルシスがありました。
この曲を採用した音楽スタッフを評価したいですね。

では今回はこれにて終了。ごきげんよう/~~
スポンサーサイト
EDIT  |  09:34 |  NIGHT HEAD GENESIS  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。