10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.07.16 (Sun)

日本沈没

見てまいりました、「日本沈没」
小松左京氏のファンの夫と豊さまファンのワタクシ、
見所は(多分)全く違えど、利害?は一致したため、
珍しく公開初日に早速2人で近場の映画館へ。
(近場と言っても、車で1時間半ぐらいかかるんですよ、
くっそおおお~、これだから田舎暮らしは・・・・・)

いやあ、まさかこんなに「泣ける」映画だとは!
北海道、九州、と日本各地が火を噴いて沈んでいく
衛星からの俯瞰シーン、東京その他の大都市が大地震、
大洪水に襲われ、完膚無きまでに破壊され尽くすという、
CMのあのスペクタクルなシーンから、そういう派手派手な
SFXが見所なんだ、と勝手に思ってたら、深海潜水艇
パイロットの小野寺と救急隊員の玲子との上品な(←不必要な
ラブシーンがあんまり無いのがイイ)恋愛ストーリーをはじめ、
究極の災害に立ち向かう政治家、科学者、潜水パイロット、
レスキュー隊員等々が真摯にそれぞれの立場で仕事を全うする姿、
それに未曾有の災害、苦難に直面し、運命に翻弄されつつも、
市井の人々が頑張って生きようとする様子などが、見ていて
とっても健気で、何だかとてもキモチよく泣けました。
まあ、大災害に何とか対処しようとする人々を前面に出していて、
あんまり突出してヤなやつを描く余裕がなかったのか、
醜い場面がそんなになかったせいもあるのかもしれませんが(^^;)
日本人としてはこうありたい、と思うような人々が描かれていて
特に玲子の叔母(吉田日出子、また巧いんだ、この人は!)が
やってる下町の居酒屋に集まる常連たちとかね(六平さんが
良い味出してますの、ウフッ)
あと、総理が「何もしないのがいいんじゃないかという意見があった、
日本が沈没するのなら、一緒に沈めばいい、という、日本人ならではの
考え方・・・個人的には私はこの考え方に賛成だ」というとことかね、
うん、この辺は原作で小松氏も書いてましたが、
「日本人て結構健気で可愛い民族じゃないか」みたいなことを
見ていて思いましたです・・・
まあ、やっぱり理想の姿ですけどもね、これは(苦笑)
小松氏がこの話を書いた時の日本人には、まだまだ「立派」な人が
多かったと思うので(^^;)
今の日本じゃどうかなあ~、何か、舞台は現代だけど、
そこに描かれている人々は半世紀近く昔の「わきまえのある」
日本人、のような気もするのですよ。
そして、そういった人間ドラマの他にもね、人によっては
あざとさ感じるかもしれませんが、オープニングで
日本の美しい自然風景、文化遺産等を映し出すんですよね、
これが、本編が始まると地震災害でどんどん崩れ、海に沈んでいく、
そういうのが、ちょっとたまらなかったですね~、
ああ、そうか、“日本沈没”だもんなー、京都奈良をはじめ、
重要な文化遺産とか、美しい日本の四季とか、そういったものも
全部無くなっていくんだ、とそういうところでも涙を誘われた
というか・・・
日頃は意識してないんだけども、日本て結構美しい国なんだな、
それが災害で全て失われるのって、やっぱ辛いよな~と、
そういうことは改めて認識させられたかな、と。

で、豊さん演ずるところの田所博士、良かったですよ~、
狷介孤高なマッドサイエンティスト的風貌、
や、あの袖まくり上げ~のワイシャツにネクタイ姿ってのが、
ワタクシ的には檄萌vでございました(殴)
時にはズボンの裾まくり上げて南の島で石ころ採取してたりね(笑)
でもって、当初は「日本沈没まであと数十年」とか言われてたのが、
独自の調査で「あと1年足らずで沈む」とわかったときの
荒れようがですね・・・
「何だこれはーッ!」どかんッ、って、いきなりPC破壊っすよ(^^;)
でも、直人じゃないので、吹っ飛んでも画面はついたまま(笑)
それから、その事実を政府要人の前で発表するんですが、
あまりに衝撃的な内容にそれが受け入れられない、そのことに
業を煮やして「ばかやろー!」と怒鳴って総理に詰め寄るシーンがね、
うおお~、きたきたきたきた、キターッ!ですよ(^^;)
もう、キレ具合がそのまんま直人(おい)で、めっちゃめちゃステキでしたわんv
で、別れた妻の環境大臣(大地真央、すっげー良かったです、この人の役も)が
何とか出来ないか、と頼みにくると、日本海溝の何とかプレート
(↑詳しい説明内容は綺麗サッパリ忘れてます/殴)
そいつに核爆弾並の爆薬しかけて破壊すれば沈没をその時点で
食い止めることができる、但し、それには諸外国の協力がなければ
だめだ、と言うんですよね、
そこで、環境大臣の別れた妻は頑張ってそれを実現させちゃう、
そこでの2人の会話もちょっといいなー、と(笑)
でも、深海に潜って爆薬を起動させる筈の結城(及川ミッチー、
珍しくも普通の男っぽい風貌でなかなか良かったです)が
突然吹き上げてきた泥流に呑み込まれて失敗、殉職してしまう。
で、小野寺(草薙くん、思ったより良かったんですよ、この人。
ちょっと優柔不断っぽいんですけど、最後で挽回v)が、
潜ったらもう戻ってはこれないとわかっていながら、
その任務に臨む・・・そのGOサインを迷いに迷いつつ出す
田所=豊さんがねー、苦悩の眉間の縦皺!(笑)
ここも泣けるシーンでしたね、ホント、やー、シリアスな
役柄なのに、何なんでしょうか~、あの色気ってものは!(腐ッ)

や、原作とはかなり違ってましたが、思ったより良かったなあ、
映画そのものも、豊サマも堪能しまくりですた、えへへv
スポンサーサイト

テーマ : 日本沈没 - ジャンル : 映画

EDIT  |  11:56 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(5) | Top↑

★感動が伝わって来ました!!

ああ、やっとお返事が書けるわ。
次男の小学校の夏祭りが終わったんで、PTA役員としてはようやく落ち着いた日々が送れます。

さて本題に入りましょう。
この10日間というもの、熱いレポートを何度も何度も読み返しては胸を熱くしておりました。
ネタばれすることなく、でも要所はキッチリ押さえてあって、凄くわかりやすくて読み応えがありました。
封切りの初日に行かれたと?
しかも夫君同伴で。ヒューヒューvv
昨年の『妖怪大戦争』に引き続きですね。
でも、『妖怪・・』の何倍も何倍も面白かったと。
単なる大味スペクタクル&パニック映画ではなく、
骨太のヒューマンドラマのようですね。
どんなに人智を尽くしても自然現象の前には全くなす術を持たないとわかっていながら、
未曾有の困難に真剣に立ち向かう人々。
何とか助かる方法を模索し、被害を最小限に食い止められないかと僅かな可能性に賭ける人々。
「日本人としてこうありたい人」
「わきまえのある日本人」の姿が描かれていて、
基本的に悪い人は描かれていないのですね。
シコさんが「健気」だと思われたのも頷けます。
そっか、この健気さに泣けるのか~、うんうん。
若い男女の絡みがディープでないのもいい。

そしてそして、弁護士のくず、
もとい、ドクター田所、キャラ炸裂してますねえ。
いいぞ!我らの豊川、イカスぜ!!
OH! 孤高のマッドサイエンティスト。
ハマリ過ぎ~ ナイスキャスティングv
眉間の縦皺&腕まくり&ズボンの裾まくり。
おまけに直人入ってて、パソコンぶっ壊すわ、
総理に向かって怒鳴りまくるわ。
別れた環境大臣の奥さんとの絡みもある?
(ああ、美しい真央ちゃんvvvv)
のめり込むタイプのアブナイ学者にも係らず、
色気が漂ってる!?
(う~ん、別の映画で共演したハセキョー嬢が「歩くフェロモン」と評していたもんなあ)
ひょっとして、この映画って田所博士の映画なんじゃ?
おいしい所み~んな持って行ってるように思うんですが・・

その他のキャストもいいですねえ。
総理の石坂浩二氏(あのヘアスタイル、小泉総理を意識してますねえ)、國村準氏(シブイ)、遠藤憲一氏(『妖怪・・』にも出てました)
オー、六平さんや吉田日出子さんまで!
及川ミッチーが日頃の妖しさかなぐり捨てて、超男らしい役柄。草なぎ君と共に男気のある演技。
(男気といえば、小木さんは出ていないのですね?)
うーん、これも期待大。

そして真央ちゃんがすんごく良かったと!?
月組在団中からファンだから嬉しいーっっ
女性の環境大臣というのは、小池大臣がモデルですよね。
田所の別れた妻という設定が心憎いな。
(田所役がマツケン氏だったら大笑いだな)
過去のしがらみを忘れて、2人で力を合わせて困難に立ち向かうのですね。
美しい、実に美しいじゃないですか!

美しい自然が、愛する者が水面下になす術もなく没していく、それは本当に痛々しく哀しいとしか言いようがありません。
日頃はあまり意識しない「美しい国、日本」というのを
再認識できる映画のようで、それだけでもこの映画の価値はあると思いました。

後は私が映画を観るだけだな。

パタ |  2006年07月25日(火) 20:14 | URL 【コメント編集】

★やっと見てきました(^^;)その1

ぼやぼやしてたらもう池袋では上映ってなくて、
隣の区まで行きましたよ。
でも電車賃払って見に行った価値がありました。
良かったぁ!もう一度見たい!
隣の区の別の映画館では来週まで上映だって。今度はこっちだ。

あ~、六平のおじちゃん、吉田のおばちゃん他
居酒屋ひょっとこのメンバー助かってよかったッー
レスキュー隊の玲子が助けに来たっていうのはちょっと出来すぎ?
の感があったけれど、
日本国内を逃避行のように彷徨った庶民が助かって
本当に良かったと心底思いました。

田所教授圧倒的な存在感vv
フフフ・・やっぱりワイシャツ腕まくり&緩めネクタイには萌々でしたあ。
無機質な通訳の「しかし日本には希望はありません」
の声が響く関係者のミーティングルーム。
そこで仄暗い逆光の中チラッと初顔見せ。
うわっ、何、この色気?
その他、髪をかき上げたりタバコくゆらしたりする姿もv
いや、ただ単に歩いてるだけでもvv
沈没前彼はあちこちの調査地点に出没する訳ですが、
その間一言も台詞を発していません。
それが、暗い海底で蠢く自然現象と共に不気味さを醸し出していました。
データ照合の結果、沈没まで338日と知った時の嵐のような憤慨ぶり。
おっしゃった通り、直人が乗り移ったかの如くパソコン
ブチ壊しちゃいました。
しかし精神は直人でも肉体は田所のままだから、
手の甲と額を怪我しちゃうんですね。
んで、そのデータを持ち込んだ閣議で、
彼の意見に耳を貸さずせせら笑う閣僚達に、怒りのバズーカ砲をブッ放しまたもや直人状態。
いいぞ、いいぞ、雄介。やれ、やれ~!
てなこと言ってるうちに、秘書官みたいな人に引きずられて退場と相成りました。
このシーン最高に可笑しい(^^)゛゛゛゛
でもこの教授、対人関係中二病(ハハ・・)なんかではなく、
元妻の危機管理担当大臣や潜水艇パイロットの結城・小野寺に対して、人情味ある誠実な部分を持っていて、そこに器の大きさを感じました。
特に、小野寺に苦渋のGOサイン出したシーン。
「頼む」と呟くように一言。
sikoさんと同じくこのシーン、ウルッときました。

一方、田所が20年前別れた鷹森危機管理担当大臣。
胸のすくようなイイ女!!!
ヘタレなオヤジ閣僚共よりよっぽど肝が座ってる。
特に野崎首相代理。
首相が阿蘇山上空で噴火に巻き込まれ不慮の死を遂げた後、たなぼたで代理になったお前だよ(`へ '#)
てめえなんかに国を任せられっかい!
アメリカに行ったんだったら、アラスカに50年くらい行って来やがれってんだ。
(ああいう、品は悪くないが嫌味な幹部オヤジ演らせると激上手いですねえ、國村準さん。『交渉人真下正義』でも光ってたよ~、イヤミぶりが)
例の閣議後、田所の研究所を訪れて鷹森大臣が言う。
「さっきの総理の前であの態度は何?」
「20年も前に別れたくせに、今更女房きどりをするな」
何かここのやり取り、麻理子と直人みたいでちょっと可笑しかったっス。
鷹森大臣の優れたところは、頭が柔軟なこと、決断力があることですね。
元妻だったことを差し引いても、田所を全面的に信頼し
必要とあらば彼に頭を下げ教えを請うこともできる。
それがあざとくなくとても自然に映りました。
D2計画実現の為に諸外国の協力を取り付け、
多くの作業船を集めてしまう外交手腕はお見事!!
ラストの政府声明演説でも、説得力ある声と堂々たる風格で映画を締めていました。
大臣を演じた真央ちゃんの、宝塚でのラストステージにおけるさよならの挨拶シーンを思い出し、またもやウルッでした。

この大臣を常にサポートする防衛庁幹部:中田を演じた遠藤憲一さん、略してエンケンさん。
台詞は少ないもののいいポジショニングで、
彼の存在は私にとってはジュルッ―美味しかったですねえ。

CG処理のおかげで、津波や土石流が襲ってくるシーンは
スクリーンからそれらが抜け出して襲って来るような迫力たっぷりでした。
海外脱出したのはいいが、知らない外国で難民生活を送らなければならなかったり、
国内に置き去りにされ、まるで抜け殻のように各地を逃げまどったり、
いざそういう事態になったら自分は家族を守れるのか?
絶望しない強い精神を保っていられるか?
珍しく真面目なことを考えました。
パタ |  2006年09月24日(日) 04:45 | URL 【コメント編集】

★やっと見てきました(^^;) その2

田所に協力する深海潜水艇のパイロット達に視線を移しましょう。
まず結城。演じたのは及川゛王子”ミッチー~
おっしゃる通り、一本筋の通った男でした。
彼を失って落胆する田所の気持ちがわかります。
でもミッチー、見る角度によって真ちゃんに激似になる時があって・・
この役真ちゃんが演じたらどうだったかな?
以下、妄想。( )内は役者自身の心の声っす。


沈没まで5年と発表があった後、田所はパイロット2人に打ち明ける。
「政府は5年と言ってるが、
 俺の調査では1年ともたない。
 これは極秘事項だ。君達だけには言っておく。
 誰にも漏らすな」
君達と言ってはいるが、
小野寺そっちのけで結城(真○)に体を寄せ、ジッと目を見て話す。
しばらくしてから結城は、
「田所教授が何か計画をしているらしい。
 僕は教授(豊○さん)に協力したいんだ」と同僚の小野寺に語った後、
「日本を救う為なら、
 命を投げ出しても惜しくはありません。
 教授(豊○さん)、その任務僕にやらせて下さい!」
と健気に田所というか豊○に直訴する。
「こんな危険な任務を君(真○)に
 やらせる訳にはいかない。駄目だ。行かせない!」
結城(真○)の両腕をグッと掴む。
そして2人、見つめ合った。
「教授の計画を実現することが僕の望みです。
 僕は教授(豊○さん)の為なら・・・」
「いや、駄目だ。君は俺の片腕だ。
 行かせない。俺には君(真○)が必要なんだ」
「片腕だから・・片腕だからこそ行かせて下さい。
 お願いです、教授(豊○さん)。
 必ず還ってきますから、お願いします!!」
黒目勝ちな真剣な眼差しで田所(豊○)を見つめる。
「わかった。そこまで言うなら・・・
 いいか、必ず還って来い。
 何があっても還って来るんだ。 
 もう一度言うが、俺には君(真○)が必要なんだ!」
大きな両手が結城(真○)の両手を包み込む。
結城は静かにうなずく。
×月×日、結城の潜水艇は深海に向かった。
だが田所の願いも空しく、
「教授(豊○さん)・・・」の声を最後に結城との通信が途絶える。
「結城、結城、結城(真○)!頼む、応答してくれ。
 結城、頼む。結城~(真○~)!!!」
悲痛な田所(豊○)の絶叫が響く。感情の起伏が激しい田所は今度は船内の計器類をブッ壊す。
滅茶苦茶になった計器の前で、ガックリ膝を付き嗚咽。

何を考えてんだ、お前わ~ もっと集中せんかいっ!
N.H以後故意か偶然か豊真全然共演してなくて、
だったらN.Hアニメ化記念に共演しないかな?
等とミッチーが真剣に演じているというのに、
そんなみだらな夢を見ていました。

次に、小野寺。この方、あっちフラフラ、こっちフラフラしてるんですよね。
イギリス行きを決めているのはわかるけど、
災害時一人でも多くの男手が必要な時に、あまり汚れていない服のままフラフラしていて、
もっと働けよ!と言ってやりたかった。
里帰りまでしちゃうし。
会津の造り酒屋の息子だったけれど、姉が跡を継いでいるようです。
その姉役が和久井映見さん。
うわぉぅ、和久井さん・造り酒屋とくれば→フジTVのドラマ『夏子の酒』!
パロディでウケ狙い?と、また無関係な思考。
火山灰の降る中で、小野寺は激情に駆られ玲子に口づけしますね。
その流れで玲子と災害用テントの中にしけ込みます。
「小野寺さん、抱いて!」という言葉を振り切り、
彼は玲子を抱きませんでしたね。
その場の成り行きで彼女を最後まで抱いていたとしたら、
ケッと思って引いちゃっただろうな、私は。
今彼女の肌に触れたら、D2計画の為深海に赴こうと決めた心が揺らぐだろうと彼は考えたのでしょうね。
そういった点で、sikoさんも言ってらしたように、
最後で挽回したと思います。
不必要な男女の絡みが少なく程良くまとまっていました。

う~ん、それにしても、この任務は現代の特攻隊ですねえ。
艇の名が奇しくも「わだつみ」なんて・・・
結城も小野寺も凄まじい水圧であろう超深海の、
まさに゛わだつみ”となってしまった訳で。
それを思うと本当にたまらないです。
鷹森大臣が政府声明の中で彼らのことを語った時、
思わず落涙してしまいました。

とりとめもないコメントになってしまいましたが、
良かったです。いい映画だったです。
スクリーンのエンドロールが消えた後、館内シーンと静まり返ってました。
シラケての反応じゃなくて、息を詰めているような状態なのが伝わってきました。

おー、9月は豊ピー出演の映画が2本
きた、きた、きたーーーーーっっっ です。
『LOFT』と『フラガール』
前者は同じ大学教授でもミイラと戦う役柄です。
ホラーで直人入り(?)キャラか?
後者は炭鉱で働く兄ちゃんです。
常磐ハワイが舞台ですから、流暢ないわき弁を拝聴できるかと。
『日沈』と併せて、豊ピー3連発や~~~★
池袋の同じ映画館で上映なのでぜひ足を運びたいにゃあ
(^^)
パタ |  2006年09月24日(日) 08:06 | URL 【コメント編集】

★うおおっv

パタさん、ありがとう、
いや、なにがって、結城=真ちゃんでの脳内萌vシーンの再現がッ!
うわあ、そそそ、そう来たかー!
とこちらでも萌な叫びを上げてしまいましたよ、
やー、自分で話題振っておきながら、
既に忘却の彼方にあった(殴)映画のそのシーンを
一生懸命たぐりよせて、そうだそうだったよ、
あそこ、いいシーンだったんだよなあ、と改めて浸り返してます(^^;)
や、それいがいのシーンも良かったんですケド←大嘘つき!
熱のこもったレポートはパタさんの方こそ、ですね、
そして、そうそう、豊さまの映画、続々出て参りますね、
ちょっとワタシは見に行く暇がなさそうなので、
そちらはパタさんの萌レポートに期待してます!
siko |  2006年09月24日(日) 17:54 | URL 【コメント編集】

★お付き合い下さって

いやあ、「結城役がもしも真ちゃんだったら?」
私の自己満足大妄想に萌えていただき有難うございました。
やはりsikoさんは感じて下さった。
おお、心の友よ~!

しかし、封切り初日に御覧になったsikoさんに対し、
私は2ヶ月遅れですもんねぇ。
2ヶ月前のことに不鮮明な部分が出て来ても仕方ありません。

あれ以降、あの2人の共演全然ないもんだから、
思わず豊武SSやっちゃっいましたよ(^^;
テンションの高い演技をしながら、心の中では相手に
ラヴラヴビーム送っているのさ。
ナハハハハハハ・・・

そういえば、エンドロール→映画の公式HP見てわかったのですが、
田所の意見を否定する研究者の斉藤博士役でナルシー池田こと池田成志さんが出てました。
池田さんは、第10話で神谷司の予言を信じて恋人を殺めようとした男:真鍋 を演じていました。 ちょっとしたところに、N.H卒業生を発見しました。
パタ |  2006年09月27日(水) 02:34 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。