10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.05.11 (Thu)

弁護士のくず4週目

第4回目見ました。
いやあ、ああいう隠された秘密即ち、
被害者とその義理の父親との間に肉体関係があったとは・・
おとなしい役・気弱な役が多い平田満さんが屈折した激しい役を演じていたのが新鮮でした。

ただ1つ疑問に思ったことがあります。
父親の首筋に大きなひっかき傷がありましたが、
あんな大きな傷だと被害者の爪の間に絶対肉片が残るはずだと思うんです。
こんな大きな物的証拠は鑑識も監察医も当然調査するでしょう。
そんな訳で、裁判を有利に展開する為に、少しでも多くの情報を集める必要がある弁護士の人達は警察に鑑識結果を尋ねないのかなあと思ったのです。
それとも肉片のDNA鑑定には時間がかかるのか?
ま、ド素人の私の老婆心ですが。
ドラマが『警視庁鑑識班』(by日テレ)じゃないからいいか。

ラストのくず、カッコよかったですねえ。
やはりヤクザ役を多くこなしてる人は迫力が違うなあ~と。
「弁護士が依頼人を殴ったらいけないよなあ」と武田真実の手首を掴んで静止した後に、
「たった1人の女の面倒見きれねえような奴は精子ばらまくんじゃねえ!!!」という台詞とリアクション。
もう、惚れ惚れしちゃいましたよ~vvv

かと思えば、パチンコやっている時の珍妙なスタイルには笑った、笑った。
モジャモジャ頭にキャップを後向きに被って、真っ赤なほっぺ。
いちおう勝負服だと思える白いスーツにすんごいセンスのネクタイ。
派手派手しい割には勝負事はからきし。
ああ、直人兄さんだったら、玉筋をサイコキネシスで「ウンニーッ」と
変えちゃうのに~と思ったりしました。

武田真実も1週毎にだんだん弁護士らしくなってきました。
家に戻った時に思わず出る鹿児島弁とのギャップが可笑しいです。
ただ新人らしく、生真面目過ぎてドつぼに嵌ってしまうようです。
そんな時、くずが手品の奥義を解説しながら言う何気ない一言が弁護の糸口になっていますね。
何だかんだ言って、くずもちゃんと新人の面倒を見てるんだ。

傍聴マニアのモト冬樹さん、スパイスが効いてますねえ。
面白いです。キャバクラ友達にして、奥が深そうな古本屋の主人。
あのキャバクラも毎回凝ってるしなあ。
でも、傍聴マニアって実際にいるのかなあ~?
スポンサーサイト
EDIT  |  18:43 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

★早い!と思ったら・・・

そうか、4週目のくずでしたね(^^;)
それにしても詳しい感想で、先週放映分の内容を
すっかり忘れていた(殴)ワタシも、ああそうだったよ、
先週はやけに、カッコエエ場面が多かったんだよな、
と思い出しました。
傍聴マニア(笑)
男性タレントの誰かがエッセイか何かで
「おれは裁判をよく聞きに行く」って書いてたような
気がします。
俳優さんは勉強のために行くこともあるかも。
でもその人は完全に趣味っぽかった。
ただ、普通に仕事してる人は行けませんよねえ(笑)
だから、ヒマそうな古本屋主人なんだな。
昼間からブラブラできるなんて、ああ見えて結構お金持ち?
大地主か何かなんだろうか。←たかがドラマに想像を巡らすヤツ

そして、今週のくず。
いやあ、完全に子役に食われてましたね、皆さん。
まあ、エッちゃんだけはさすがに主役の存在感を
主張してましたが(苦笑)
クライマックスシーン直後とラストシーンは
すごくコミカルで、原作マンガの絵そのままなんじゃ?
と思いましたよ(^^;)
それにしても、やけに達者な子役だ、と思ったら、
なるほど、次週からレギュラーメンバーなのね。
あはは、くずさんも、ついにコブ付きに・・・
キャバクラ通い、少しは自重するのかな?
するわけないか(笑)
シコ |  2006年05月12日(金) 06:26 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。