10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.01.22 (Sun)

驚きの新情報v(^^)vほか

『濡れた・・・』はVシネマとして発表されたのは1992年のようですが、
実際に撮影されていたのはもっと前かもしれません。
『12人・・』と同じくらいの年か?ホントお肌スベスベなんだもの。
おっしゃる通り、ああいった犯りまくりの役が引き出しとして脳内に収まっていて、
反町クンとの一件の時に「ああ、あれがあった」と引き出しから出してきたのでしょうね。

元旦から「ト○○ツ、離婚」という縁起が悪い記事が載っちゃって・・
何か恨みがあんのか!Y新聞。もう新聞取らへんぞーって思う一方、
やはり兄さんには直也しかないのねとも思いました(違うだろっ)
美容院で読んだ女性週刊誌によると、
全面的に彼の浮気が原因だから、慰謝料+養育費は奥さんの言い値で、
それが結構な額だから気張って仕事していかなくてはならないそうです。
道理で昨年から映画への露出度が高かった訳だ。

んで、やっと本題に入ります。
彼は1話毎に監督が違う連続ドラマのシステムが好きではなく、
そういった方面の仕事は最近控えていましたが、
この4月からどうもTBSの連続ドラマの主役に出演が決まったようです。
そのドラマとは、『弁護士のくず』!!
九頭という苗字のハチャメチャで人を喰ったようなイソ弁のお話で、
ビッグコミックオリジナルに連載されている漫画のドラマ化です。
おととい夫がデカい声で吠えていたので、何事かと行ってみたら、
ビッグコミックオリジナルにそうした記事が載っていて、
嬉しーの驚きーので、ちょうど敷いてあった布団の上で前転をしてしまったほどですw(☆0◎)w
ところが問題が1つあります。
主人公:九頭弁護士は、北野武氏に承諾を得て描いているのだろうと
思うほどに、たけしにそっくりなんです。
ビッグコミックオリジナルのHPを御覧になるとおわかりになると思いますが、漫画のイメージと豊ピーとではだいぶかけ離れているんですね。
役者バカもとい、カメレオン役者の彼のことだから上手くこなしてくれるとは思うんですが、『八つ墓村』の時と同じで、
絶対反対意見が多いと予想されます。
(夫もたけしに演らせりゃいいじゃないかと言ってました)
でも弁護士役かあ、演ってそうで演ってなかったですね。
『12人・・』の時は弁護士を演じる役者の役だったですからねえ。
早く4月が来ないかなあ(^^)
スポンサーサイト
EDIT  |  05:35 |  エッシークレットタイムズ  | CM(5) | Top↑

★布団の上で前転・・・

って、可愛いです~、パタさんってば(笑)
いやあ、でもワタシも思わずひっそり万歳してたりして←夫に気づかれたくない
なんかねー、やっぱり日頃連ドラとか全然見ないヤツだから、
なかなか自然に見ることが出来ず(そもそもチャンネル権がないし)
せっかく真ちゃんドラマを紹介されたのに、全然見れてない・・・
あ、でも土曜の「氷壁」はたまたま夫が先に寝たので最後の方、10分ぐらいは見られましたv
そこんとこはあんまりヤなやつでもなかったなあ、真ちゃん(笑)

でもそうですか、今度は弁護士役。
結構ハマってると思うんですけどねえ、パタさんが言う通り、器用な人ですから。
離婚報道には、ワタシもびっくり。
でも借金抱えて藤田まこと状態(おい)ってのはファンにとっては結構嬉しい事態かも。
豊さまは真ちゃんほど夫の引っかかりが無さそうなので(苦笑)見られるようなら見てみたい、と思ってます。
シコ |  2006年01月23日(月) 01:21 | URL 【コメント編集】

★藤田まこと状態

藤田まこと(ムコ殿!)状態ってのが可笑しくて可笑しくて、ネットカフェで笑いを噛み殺すのが大変でした。
藤田さんもエッシーもお互い浪速の男やし。
元嫁の為に、気張って稼がなあかんってか。

『氷壁』の21日放映分は、ビデ録したのをまだ見ていないのですが、あんまりヤな奴じゃなかった?よかった。ベースキャンプにいる時ですか?
これからは裁判の場面が出てくるので、
後妻と裁判を傍聴しているシーンが多くなると思います。
このドラマはDVD化されるのではと思います。

またもやテンプレをいじってみました。
直人直也は♂同士なんで、薔薇族ってことに引っ掛けてみやした(^^;)
パタ |  2006年01月23日(月) 16:54 | URL 【コメント編集】

★スポニチHP情報

以下は1月20日版の情報です。
『弁護士のくず』に関し、TBSの貴島プロデューサーが語るところでは、
「豊川君は普段は関西の明るい兄ちゃんなのに、演じるのはニヒルな役柄ばかり。今回は酒を飲んだ時のような素の彼が出てくれれば」とのことです。
昨年10月の『太宰治』の時は、゛酒を飲んだ時のような”状態が結構出ていたと思いますが。まだまだもっと面白いんですかね?
原作では「正義感ゼロ、人の挙げ足を取るのが大好き」な゛くず”と熱血女性新米弁護士が主人公ですが、ドラマでは若い男性の新米弁護士(伊藤英明さん)に設定を変えているようです。この点に関しては、
「゛傷だらけの天使”のような男同士のやりとりを描きたい」とのことです。
Oh!゛傷天”ならエッシー得意中の得意ではありませんか!
またもや新しいエッシーを見られるのは嬉しい限りです。
でもって、スポニチのコメントが可笑しいんですよ。
「離婚したばかりの豊川氏が離婚調停の案件を扱うのが見どころ」ですって。
そうです。高額な慰謝料支払いの為にも、映画にもテレビにもバンバン出てくれると嬉しいですね。
パタ |  2006年01月23日(月) 17:55 | URL 【コメント編集】

★関西の明るい兄ちゃんv

いいっすね~、それ。
でもって、正義感ナシーの人の揚げ足取りダイスキーってとこがまた(笑)
スポニチの記事もツッコミどころを外さず、笑わせてくれますねえ、
や、でも「傷だらけ~」を意識してるなんて、そんなこと言われたら、
ゼガヒでも見たくなっちゃうじゃありませんか、
とはいえ、相方が伊藤氏とは・・・
この人、陰陽師でも似たような役どころでしたよね、野村萬斎氏の相方で。
本音を言えば、ワタシ的には萌え度が低い役者さんなのですが、
でも、これを真ちゃんに脳内変換は無理がありすぎだよな(苦笑)
となるとやはりフツードラマとして見るしかないか(何を考えている!)

ところで、藤田まこと状態、ってとこで受けてもらってうはうはです、
でも、ホントそうなんですよねえ、関西オトコのひょうひょうとした
軽いノリの豊さまも結構楽しいんですよね♪


あ、「氷壁」の最後は奥寺が死にそうになってキャンプに帰ってくるとこと、
その後、後妻と記者会見に臨むシーンでした。
そっか、次回からは裁判シーンなんですね、何か重苦しそう。

そして、テンプレ、バラなんですね、うはー、バラ族のバラ!(笑)
美々しいですねえ、こんな、コメント欄までバラが敷き詰められてる~、
ちょっと豪華でイイ気分v
シコ |  2006年01月24日(火) 22:35 | URL 【コメント編集】

★フツードラマ

ハーイ、バラさんです(^^)エへへ・・
『弁護士のくず』はフツードラマであって、萌え系ドラマじゃないですから、せめてテンプレだけでも萌え系にしようと。アハハハ・・・
海猿&源博雅・伊藤ちゃんは確かに萌え系役者ではありませんね。どちらかといえば、熱血体育会系役者。
法律を扱うドラマだから萌えさせる必要がないのはわかりますが、嗚呼相方が真ちゃんだったらなあとマジに考えてしまいます。
実は、真ちゃん『エリザベート』出演記念に小説を1本妄想しています。1930年代の上海が舞台です。(そんな暇あったら『裏パタリロ』早く書けっちゅうの)
パタ |  2006年01月29日(日) 20:44 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。