06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.01.21 (Sat)

真ちゃん2タイプ

さあ、真ちゃん出演のドラマが14日と18日からいよいよ始まりました。

NHK土10ドラマ『氷壁』
スポーツ用品メーカー:ヤシロの社長の息子:智之役です。
ヤシロは業績を向上させる為、自社と契約している登山家:北沢(山本太郎さん)にK2登頂のプロジェクトを持ちかけます。
北沢は、ザイルパートナーに奥寺(玉木宏さん)を指名します。
ヤシロ側は自社の登山用具を使用することを条件に奥寺の参加を承諾しますが、奥寺は自分が使い慣れた道具の方がいいと主張し、
この話はチャラにしようと臍を曲げてしまいます。
挙句に北沢も、奥寺でないなら自分もやめると言い出す始末。
そこで、ヤシロの社長の後妻である若く美しい美那子(鶴田真由さん)が奥寺を説得し、
一方ヤシロ側も自社の道具でなくともいいからと譲歩し、
奥寺と北沢のK2行きが決まったのでした。第1話はここまで。
今後は後妻美那子を巡る奥寺、北沢、社長の各々の事情が絡んでくるのですが。
真ちゃんはというと、社運をかけたプロジェクトを発動しようとしている会社社長の息子なので、終始厳しい顔付きで命令口調で話します。
自社商品を使うことを拒否する奥寺に「代わりはいくらでもいるんだからな」とムカつく言葉を言い放ったりもします。
ぶっちゃけ、感じ悪い奴です。嫌味を言う時の表情がホント冷たくて、
あの端正な顔で片眉だけピクッと動かしてメンチ切られたら、
もうグサッときますよ~。
気が小さい人間だったら耐えられないかもね。
K2のベースキャンプにいる時のワイルドな姿もなかなかいいvv
それにしても、昨年の『離婚弁護士Ⅱ』のIT企業社長役といい、
ドラマでは感じ悪い役ばっかりだな~。
でも、目力は凄いぞっと。火花バリバリです。
今日21日も放映ありま~す。22:30からです。

日テレ水10ドラマ『神はサイコロを振らない』
音大卒のニート:黛菊介役です。
1997年8月10日、壱岐発長崎行きの東洋航空の旅客機402便が
機体乗客乗員共に長崎上空で忽然と姿を消しました。
これには、主人公:黛ヤス子の恋人(副操縦士:山本太郎さん)と
親友(フライトアテンダント:ともさかりえさん)が乗っていて、
ヤス子自身も、この事故の際、遺族との連絡係に当たっていました。
ところが、10年後の2006年2月10日、
行方不明の402便が長崎空港に突然姿を現わしたのです。
それも、乗客乗員は10年前当時のままの姿で・・・
もう~、み~んなビックリ!そりゃそうだ。これが第1話。
真ちゃんは、38歳の姉のヤス子(小林聡美さん)と
都内の割と広い木造平屋の家に2人暮らし。
「僕の夢は結婚して六本木ヒルズに住んで、
 ベビーカーを押しながら周辺を散歩。
 娘だったらバレエ、息子だったらサッカーを習わせて、
 将来は親子留学~!!」という台詞と共に、
食材のスーパー袋を抱えて、軽いステップを踏んで踊りながらご登場。
気分は、フレッド・アステアかジーン・ケリーってところ。
30過ぎてもゴロゴロとパラサイトしていて、
それを別に悪びれている風もありません。姉も放任。
「今日は松坂牛奮発しちゃったよ」と姉とすき焼き鍋をつつきます。
とにかくお気楽極楽。そして、きゃわい~いvvvv
『氷壁』とは真逆で、「1度きりの人生、楽しまなくちゃ損々」
といった具合で、常にニコニコ。
こんな弟いたら、パラサイトされていても許せちゃうかも(大甘^^;)

とまあ、1週間で2倍真ちゃんを楽しめちゃうんですよ~!!
いい正月だな(オイッ)
*よく考えたら、山本太郎さんも2倍楽しめますね。
主演の玉木宏さんいい声してる。
スポンサーサイト
EDIT  |  19:04 |  真ちゃんねるレポート  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。