10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.12.10 (Sat)

これは凄い!超目玉情報

ちょっとご無沙汰しちゃいました。お元気ですか?
や、クリスマスシーズン限定で、テンプレ変えました。

イエねえ、それはさておき、久し振りにファンページ覗いていたら、
すんごい情報キャッチ。
びっくりして、大きくもない目が飛び出ましたもん。
◎ミュージカル「エリザベート」にトート役で出演!!◎
 トートはヒロイン:エリザベート(一路真輝)に
 激しく絡む死の帝王で、つまり主役。
 山口祐一郎さんとのダブルキャスト。オタクの次は亡霊ってか。
 ウィ-ンミュージカルの決定版である「エリザベート」は、
 宝塚歌劇では5組全て、帝劇でも3回上演されていまして、
 私も花組版を観ましたが、音符が飛ぶ、飛ぶ。
 とにかく歌が難しいんですわ。特にトートのパート。
 まあ、真ちゃんはサックスやるし、音感や肺活量に関しては
 さほど心配していないのですが、彼の歌唱力は海のものとも
 山のものとも知れないので、ギャオーッとびっくらこいた訳です。
 一路君や山口祐一郎さんをはじめ他のキャストの方々も、
 前回の舞台を経験している方が殆どで、
 既にガッチリと出来上がっている中に1人入っていくのは
 とてもタフな作業だと思います。
 特に、一路君・山口さんの歌唱力といったら
 「プロフェッショナル~!」だから、大変なプレッシャーだなあ。
 でも、トートの妖しい雰囲気にはフィットしていると思うので
 期待大でありんすよ。
 (余計なことですが、豊川さんのトートの扮装も見てみたいvv)
 ↑バカッ!殴っていいです。
 2006年5月3日~5月28日、日生劇場にて。2月4日、前売開始。
 詳細はhttp://www.toho.co.jp/stage/elizabeth/で。
 お姑さんがファンであられる一路真輝さん主演です。
 これはプッシュするしかない!

2006年は新春から真ちゃん目白押しですvvvv
先ずは、NHK土曜ドラマ「氷壁」、1月14日22時より、全6回。
ザイルパートナーの死をめぐる恋愛と男同士の友情を描いた、
井上靖原作の小説のドラマ化です。
主演じゃないけれど、3番目に名前が出ていました。
因みに主演は、玉木宏さんと山本太郎さんです。
今日10日13時50分から、予告PRが放映されます。

お次は、日テレ水曜ドラマ「神はサイコロを振らない」、1月期22時。
主演:小林聡美さんの弟で、音大卒のニート役だそうです。

3番目は、映画で「LoveDeath」タイトルしかわかってません。
もしかして、「嫌われ松子の一生」のこと?風俗嬢時代のヒモ役?

今夏の舞台「電車男」で真ちゃん波に乗りましたね。
あ、舞台のDVDが12月22日に発売されます。
とにかく、来年はいろんな真ちゃんの顔が拝めるって訳で
ハピネ~ス!です(^0^)

 
 
スポンサーサイト
EDIT  |  05:07 |  真ちゃんねるレポート  | CM(3) | Top↑

★エリザベートは・・・

宝塚版を見に行きましたよ、その、話題の(笑)姑と一緒にですが。
なかなか良かった、という覚えしかないんですけども、
や、そうですか、と、ととと、トート役を! うう~む(冷汗)
確かにあの電車男、もとい、真ちゃんの歌唱力って未知数ですもんねえ、特訓してんのかしら←なんて失礼なことを!・・・でもしてんだろうな、当然(おい)
しかし、随分働きますね、やっぱり電車男の舞台が良かったのかな、「そうだ、あいつが居たなあ」とかいう感じであっちこっちからオファーが来てるのか、それとも、マネジャーが「注目されてる今がウリ」とばかりにたくさん仕事をとってきたのか・・・なんてことばっかり考えてるワタシって(殴)

ところで(以下私信になりますが)素敵なクリスマスカードをありがとうございましたv
清楚な雰囲気が何ともいえず素敵で嬉しかったですv
シコ |  2005年12月11日(日) 17:57 | URL 【コメント編集】

★あ、忘れてた!

テンプレ、クリスマス仕様に変えたんですね、可愛い~v
シコ |  2005年12月11日(日) 17:58 | URL 【コメント編集】

★既に見に行かれている!さすが

噂の(?)お姑さんとご一緒ということは、もちろん雪組イッちゃん版ですね。イッちゃんは日本で最初にトートを演じた記念すべき方ですからね。素早いです。おさすがでございます。「なかなか良かった」―そうです。その通りです。そんな感じ。
雪組のエリザベート役は花総ちゃんで、当時まだ学年が若かったから、演劇雑誌を見ると上品で瑞々しい感じがしました。私の見た花組版は、大鳥れいちゃんという真っ赤なダリアのような娘役で、「闘う皇后、ストロングシシ~!」
という感じでした。
ま、それはさておき、真ちゃんですねえ。大役を射止めましたねえ。そりゃトートはタッパがあった方が有利ちゃあ有利ですが・・芸の力が役者を大きく見せるということもあります。シコさんがおっしゃるように、今頃から歌の特訓してるんだろうなあ。
お仕事気合い入っています。やはりホリプロの力かしら?「電車」で波に乗ったから、バンバン仕事入れちゃえという具合?それにしても、ミュージカルとは・・ご本人も前からやってみたいという気持ちがあったからこそ引き受けたのでしょうね。
ただ、日テレドラマに関しては、「そうだ、あいつがいたなあ」的ノリだと思います。何故なら、去年真ちゃんも小林聡美さんも出ていたドラマ「光とともに-自閉症児を抱えて-」のスタッフと同じスタッフだからです。(小学校1年生担任の先生役。何か事が起きるとオロオロして、小林さん扮する先輩教師にすぐおすがりしちゃうのがラブリーでした。
テヘッvv)

クリスマスカード、喜んでいただけて何よりです。はい。清楚で静謐な雰囲気で攻めてみました(笑)
パタ |  2005年12月14日(水) 00:40 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。