06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.11.17 (Mon)

昨夜のテレ朝で・・・

豊さま主演の「犯人に告ぐ」ありましたね、はい、見ましたよ~、もちろん
児童誘拐事件で犯人を取り逃がして人質を死なせてしまい、左遷されちゃった刑事、
でも敏腕なので、数年後の連続児童殺害事件解決のため、再び本庁に呼ばれるんですね、
イケズな上司に、イヤミな同僚、警察内部の不正に怒れる誘拐事件被害者の父、と
がんじがらめな周囲の妨害にもめげず、頑張るわれらが兄さん(はい?)

あ~、でも足柄山から本庁に出てきてTVで犯人挑発するのを見た同僚が
「ヒゲぐらい剃れよ」とぼやくところ、思わず笑ってしまいますた、
や、ヒゲより挑発・・・もとい、あの長髪でしょー、何とかしなけりゃイカンのは。
でもそこんとこ突っ込まなかったのは、やっぱ同時期に「20世紀少年」があったから?(笑)

また、TV放送後にわんさか警察に送りつけられた手紙と格闘する刑事の会話、
「結婚してください、だってよ(やってらんねーよ!)」「顔だけはいいんだよな(けっ)」
というところも、むふふ、でございました、はは~、やっぱそういう設定なんすかね、原作も?
や、しかし、豊サマもホント良い具合にちょい悪コワモテなオヤジ役が似合う年になったもんだと
思いつつ視聴いたしました。
でも、あの最後は何なんでしょうかね、やっぱ「終わってねえよ、何も」ってことっすか?
あいや、これはネタバレだったかしら?(すんません)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:48 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

★①見ました、見ました、見ました!!

sikoさん情報ご提供感謝ですv
ご連絡がなかったら、う~っかり見逃してましたわ。
ちょいと出かけていたので、後半の1時間しか見られませんでしたが、
いや、もう、面白かったです。
緊迫感とスピーディな展開に、グイグイと引き込まれていきました。

豊川さんの役どころは、
神奈川県警の手かせ・足かせ・軋轢だらけの、中間管理職でした。
名前は巻島史彦。階級は警視。
過去の大失態によって左遷された先が足柄っていうのが泣かせます。
で、「BADMAN」捜査のためかつての上司に呼ばれ、
日本の警察初の「劇場型捜査」の最前線に立ち、
ある報道番組に出演し、容疑者に向かって呼びかける役を担当していました。
こういった捜査方法は、映画とはいえ斬新でしたね。
よくお堅い親方日の丸な組織が採用したなと。

【イケズな上司&イヤミな同僚】との思惑のぶつかり合い・腹の探り合いが面白かったです。
この人達、捜査に協力的なのか非協力的なのかよくわからないし、
捜査に関係ないところで、保身や出世争い・裏取引をしていて、
純粋に強烈に「BADMAN」を捕まえたい巻島とは温度差あり過ぎ!
ほ~んと、sikoさんがおっしゃるように、
犯人逮捕に向けて頑張ってましたね、われらが兄さんv(^^)
孤軍奮闘、八面六臂の大活躍。

足柄から出て来てTV出演した後、
【「ヒゲぐらい剃れよ」と同僚にぼやかれた】ですと?
あーそのシーンは前半の1時間中にあったのですね。
あ゛ー見逃した。。。
それと、sikoさんご指摘のあの長髪。
警察組織では絶対に許されない長さっスよねえ。
容疑者に引っ捕まれたりしたら危ないから。
女性の警察官でもNGよ、あの長さは。
う~ん、『20世紀少年』ロケ中だったから切れなかったのかにゃあ?

しかしまあ、あれですね。
あ~んなムチャかっこええセクシーな警察官が報道番組に出て来て、
容疑者に呼びかけをしてるんだったら、私はその番組必ず見るね。
捜査と無関係の「結婚してください」という手紙が来るのも納得。
オンエア毎にきっと女性の視聴者が右肩上がりで増え、
視聴率大幅アップで、番組サイドはホクホクだったでしょうね。
実際番組関係者が言ってましたもの。
「巻島さん、貴方は警察の人間にしておくのが惜しいほど、視聴率が取れる人ですよ」と。

でもねえ、あることないことしゃべりまくって暴走するわ、
容疑者からの手紙は巻島の捏造ではないかと疑惑をかけられるわ、
(疑惑をかけた文書を送ったのが、実はイケズ上司だったりするからムカつくね)
番組サイドでも手を焼くようになり、降板させられてしまうのでした。

そのうえ、容疑者は嘲笑うかの如く挑戦状を送りつけて来る、
上司や同僚は捜査の足を引っ張る、
かつての大失態の際に犠牲になった子供の父親からは脅迫状を送られる、
まさに四面楚歌。
多方面攻撃に気力の限界を迎えそうになります。
しかし頑張ってる兄さん、もとい巻島を天は見放さなかった。
ひょんな偶然から容疑者の居住区域が特定されたのでした。
気力を振り絞ってローラー作戦の陣頭指揮を執る巻島。
よく通る声はいわずもがな、
苦境に立ち向かう男っぷりがカッコ良かったデス。
そしてやがて容疑者が捕まりました。

ところが指揮を執っている間、
巻島の息子が、巻島を逆恨みする脅迫状の主に捕まり人質となってしまいます。
ナイフを突きつけられる息子。
隙を見てナイフを叩き落し、
「怖い思いをさせてごめんな」と息子を抱擁し父親の顔を見せている時、
背後から襲われ脇腹を刺されてしまいます。
「えっ、そんな・・・!『傷天』と同じ結末じゃやだよ(泣)」
と思ったら、
一命をとり止めたのでホッとしました。
ですが、
【あの最後は何なんでしょうかね】
→本当にその通りで。
事件があろうがなかろうが、
相変わらず県警上層部は膿み切ってるしで、
怪我が癒えた後も巻島は闘っていかなくてはならないと。
事件解決は巻島にとって、あくまで一つの句読点にすぎないという事なのでしょうか?

パタ |  2008年11月19日(水) 09:40 | URL 【コメント編集】

★②見ました、見ました、見ました!!

主な登場人物のキャラ立ち、キャスティングも良かったですね。

【イケズ上司】=曽根県警本部長
演じたのは石橋凌さん。
「BADMAN」事件解決によって自分の株を上げ、
本店(警察庁)のおいしいポストを狙っている。
部下を信用している訳でない、出世欲に駆られたステレオタイプの上司を
きっちりと演じてました。
あのちょっと高めの独特の声がいいっす。
よく考えたら、石橋さんと豊川さんは『DOG STAR』で共演してるわ。
失明したボクサーとその盲導犬役で(犬役が豊川さんよ☆)
およっ、今回サブのニュースキャスター役で井川遥さんも出てるんだった。
井川さんも『DOG STAR』組だ。

【嫌味な同僚】=植草県警刑事総務課長。
曽根の甥だったのね。
こいつがとんでもないいけすかない奴。
何かと言うと自分の父親の肩書きを持ち出し、
「事と次第によっては、あなたの定年後の天下り先、世話してやってもいいんですがね」だ。
かと思えば、
学生時代片思いだった女=巻島が出演する番組のライバル番組のニュースキャスターなのだが、
女に振り向いてもらいたいが為に捜査情報をリークしている最低の奴。
公私混同も甚だしい。
これを演じたのが、小澤征悦さん。
小澤さんは熱血で正義感の強い、スケールの大きい役柄が多いので、
(『篤姫』では西郷隆盛ですもんね)
この嫌らしい男へのキャスティングは驚きでした。
Yahoo!映画によれば、
豊川さんも「小澤さんが面白く演じてます。自分が10年若かったらこの役だったでしょう」と話していました。
今回の一番の収穫は、私的にはこの小澤さんかもしれません。

通称、津田長
良かった、実に良かった。笹野高史さん。
いわゆるたたき上げ。
過去の大失態の時も巻島の部下。一緒に足柄にも飛ばされました。
とても温かく冷静で、巻島が最も信頼しているのがわかります。
津田長も巻島を認め、年下の上司を陰に陽に支えています。
巻島が追いつめられた状況でも諦めずに動くことができたのは、
こうした年長の部下が背中を押してくれたからでしょうね。

人質となった息子を助け出した後、
「怖い思いをさせてごめんな」と言って抱きしめたシーン。
息子を思わず直也に脳内変換してしまいました。
ヒィーッッ、兄さんが直也を優しく抱擁している!と。
私も、県警本部と同じく精神が膿み切っているわ。
し、失礼しました。
パタ |  2008年11月19日(水) 12:15 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。