08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02.29 (Fri)

「子猫の涙」舞台挨拶

映画「子猫の涙」鑑賞から、もうひと月が経ってしまいました、
や、記憶が薄れてしまわないうちに舞台挨拶のことも書かなくちゃと
思ってたのですが、やっぱり結構薄れてきてしまってるような(^^;)
うう、まずいわ、もたもたせずに書かないと本当に忘れてしまう(おい)

ということで、以下、当日舞台挨拶の模様です、覚えてる限りの(こら)
や~、「母べえ」だの何だの、もっと派手派手しくCMしてる映画もあって
こぢんまり感のある?舞台挨拶でしたが、映画館自体も小さいので
キモチ的に舞台上の役者さんと近い感じがしてそこは嬉しかったり(*^_^*)
なんせ、生の真ちゃんですもんね、えへへv
その他には、森岡監督と、最初の奥さんの紺野まひるさん、
娘役の藤本七海ちゃんは、すっかり大きくなっちゃって
見違えましたよ(中学生だったんですね)
後は、娘治子のバレエ教室の先輩役の黒川芽以さん、この人は舞台の
方の治子役をされているそうで。

黒のスーツ(ノーネクタイ)で舞台挨拶に出てきた真ちゃんは、
実際に3年前からボクシングされてるそうですね、と司会のお姉さんに問われ、
森岡監督の劇団に行った時のエピソードを語ってくれました。
「覚えてます、監督?」と聞いてから、初めて行った場所で
スパーリングをした、という話をしてましたが、
「アウェイで行ったようなもんですよ、ぼく。
そこで、みんなが車座になってる中でスパーリングやらされて」と言えば、
森岡監督も「それがリング代わりなんです」と(^^;)
劇団では日常的にそういうことやってたらしいんですが、いきなり行って
「じゃ、いっちょ、やろうか」なんて言われたら、そりゃ驚くって(笑)
更に「後から気づいたんだけど、ウエイトが全然違ってたんですよね」と。(おいおい)

あと、治子役の七海ちゃんが「なかなか懐いてくれなくて」という話もしてましたね、
「こんなに懐かない子役ってはじめてだったんで、監督に相談したら、
思春期なんだからしょうがない、と」
我慢するように、と言われたそうです(笑)

舞台挨拶が終わるとお定まりのフォトセッションで、ばちばちフラッシュ焚かれて
「ボクシングのポーズ取って」などなと注文受けながら写真撮られてましたが、
そんな中でも更にオリンピックやらボクシングについての質問が飛び、
写真用にポーズを取ってあっち向きこっち向きしつつ、
「あの~、答えていいんですか?」なんて聞いてたのが何か可笑しかったですv

最後、退出する際に、通路側にいたファンらしき人がつーっと立ってって、
花束渡してました、司会のお姉さんが慌てて「花は係の方に渡してください」なんて
言ってたけど、やったもん勝ちでしたね、真ちゃんはすんなり受け取ってましたんで。
いや~、巧くやったなあ、彼女(^^;)

うわ、ホントにこれぐらいしか覚えてないっすよ、さすがにひと月経過後じゃ、
相当鮮度落ちてるし、内容も(とほほ)
また何か思い出したら書きますが、本日はこの辺で。
(あとはパタさん、補足お願いしますねv)

◎リンクに貼った映画レヴューの中に舞台挨拶に関する記事があります。
  そちらもぜひ御覧になって下さい。


スポンサーサイト
EDIT  |  00:27 |  真ちゃんねるレポート  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

★激遅コメでえらいすんまへん①

映画、初日1/26に見たんですよね?
季節が巡って秋にコメント入れてる私って…

sikoさんは記憶が薄れて云々おっしゃってますが、
なんのなんのどうしてどうして、
こ~んなに克明にレポートしていただき感謝×2です。
おかげで、下層にあった記憶が表層に浮き上がって参りました。

ロードショー作品ではないから、
舞台挨拶目当てに人がドワーッと押し掛ける訳じゃなく、
スペースもこじんまりとして、観客も落ち着いてましたね。
【キモチ的に舞台上の役者さんと近い感じがしてそこは嬉しかったり】
そうそう。嬉しかったですねぇ。
生の真ちゃんがバッチリ拝めました!
姿勢がいい~v顔がちっちゃい~vv男前~vvv

んで、「いきなり車座の中でスパーリング」の話してた、してた"(^o^)//"""
監督もボクシングができる役者さんと聞いてるだろうから、
どんくらいの腕前か見たかったんやろね。
それにしたかて、
車座=リング代わりって、そりゃ面食らっただろうねぇ。
その時の驚きを真ちゃんは、
彼独特の言葉のセレクトで面白おかしく説明してました。
sikoさんがレポして下さった『エリザ』千秋楽の舞台挨拶でも感じましたが、
独特の言葉を交えて面白くトークするの、真ちゃん結構上手ですよね。
流暢という訳じゃなく途中々に「…」も入ったりするけれど、
彼独特の間の取り方により、話が印象に残るのです。

ボクサーが主人公だから、ファイティングポーズはお約束。
でもポーズの間も質問されるから
【「あの~、答えていいんですか?」なんて聞いてたのが何か可笑しかったですv】
はい。そんな真ちゃんにウケました。
ボケ方絶妙!

ボクシングをやってるってのは聞いたことがありましたが、3年前からだったんだ?
真ちゃんは元世界チャンプの井岡さんと親交があるみたいです。
井岡さんは森岡ジム所属ではありませんが、
森岡さんは西日本ボクシング協会会長だったから、
生前の森岡さんとは何らかの接触があったのではないでしょうか?

監督も真ちゃんも
「今日いらした皆さん、映画をぜひ宣伝して下さい」と何度も言ってました。
だからYahoo!ムービーにレビュー書いときました。
パタ |  2008年10月18日(土) 03:25 | URL 【コメント編集】

★激遅コメでえらいすんまへん②

続きです。

「こんなに懐かない子役初めて」→
「監督が思春期だからしょうがないと言った」
という話もしてました。
『光とともに』での小学校の先生役の時も
『エリザ』で少年ルドルフと一緒の時も、
子役とコミュニケーションを取りながら役に臨んでいたんでしょうね。
父親役は『君の手がささやいている』の時に続いて2度目かも?
(10数年前のテレビドラマ)
あれの第5バージョンでは、子供が小学校高学年って設定だったけれど、
その時の子役は懐いていたのかな?

でも七海ちゃん良い演技でした。
演じているというあざとさがなく、とーってもナチュラル。
子役というより、もう既に女優だね。
そんな彼女、
3月放映の『いのちのいろえんぴつ』という2時間ドラマに、
脳腫瘍で12才で亡くなった実在の少女:豊島加純役で主演しました。
七海ちゃんだったからおいら、見たのさ。
ナチュラルな健気さに泣けた、泣けた。
更に担任教師役=こういう「泣き」が必要なシリアスな役は
真ちゃんの守備範囲だと思いますが、
先生役まで真ちゃんだったら、ちょっと出来過ぎ(^^;)
(実際はTOKIOの太一クン)
これから七海ちゃんが成長してどんな風に進化していくか、
見ていきたいなあと思います。

~★★。。~★★。。~★★。。~★★。。~

元妻役の紺野まひるちゃん、
(「まひるちゃん」と呼ばせていただきます)
地声があんなに低かったとは・・・
じゃあ娘役の時は、全て裏声で歌ってたのね。
娘役声は辛かったんちゃう?
身長があれば絶対男役やってたでしょうね。
「せりふをポンポン言う役はとても新鮮で難しかった」とおっしゃってましたが、
いや~なかなかどうしてどうして堂に入ってました。
宝塚在団中も、姫や令嬢役より、
少年役や春琴のような気が強い女性の役の方が生き生きとしていた記憶が。
更にこの妻役の経験が、
『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス』での
フリージャーナリスト役=活動的でサバサバしている女性、
に生かされていたと思います。

~★★。。~★★。。~★★。。~★★。。~

そうそう。舞台から下りて来た真ちゃんに花束を渡していた女性がいましたねぇ。
勇気があるなあというよりも、
「掟破りな事して・・(- -#)
おひねり渡していいのは早乙女太一の舞台ぐらいだろッ」
と内心憤ったことを思い出しました。
でも真ちゃんは優しいから、結局受け取ってくれたのでした。
sikoさんがおっしゃる通り、彼女は上手いことやったわ。

パタ |  2008年10月18日(土) 09:16 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。