06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.30 (Wed)

「子猫の涙」レポートその1

【『子猫の涙』はぜひ劇場で見ようと思います】と宣言したので、
公開初日、真ちゃん他出演者の舞台挨拶も含め、映画を見て参りました。
子猫の涙1

映画レヴューをリンクに貼りましたが、
一応どんな映画かご説明を。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今を遡ること40年前、メキシコオリンピックが開かれました。
サッカーが銅メダルを獲ったことはあまりにも有名ですが、
別の競技でも銅メダルを獲った選手がいました。
それは、ボクシングの村岡栄治選手。
その波乱に満ちた生き様10代~50代が、娘の視線で綴られていきます。
因みに監督・脚本は、村岡選手の実の甥:村岡利行監督です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とにかくこの映画、わかりやすい。
主人公の実話で、余計な物を付け足してないからわかりやすい。
見てわかりやすいのは、良い映画の第一条件。
で、わかりやすいから面白い。
実話だから、自然でかつ説得力がある。
てな訳で、主役:村岡栄治を演じるのは、我らが武田真治~~!
ただただカッコいい!姿形はもちろんのこと、
網膜剥離で選手生命を絶たれ自堕落な暮らしをしていても、何か“男前”。
「金メダルや銀メダルはメッキやけど、銅メダルはホンマ物の銅を使てんのや」
という台詞のように、
誇りを持って生きていた人だというのがよく表われていたからでしょう。
それに真ちゃん自身ボクシングを趣味としているので、
ボクシングのシーンも吹き替えなしで迫力満点。

10代から50代で亡くなるまでを演じているので、
当然10代=中学生シーンがある訳ですよね。
当時の中坊っぽい制服で派手な喧嘩をするシーンが冒頭で出てきます。
もぉ、この中坊コスチュームにヲトメ心を鷲掴みにされましてん。
あまりの可愛さに、言葉も思わず関西弁。
鷲掴み後、高校のボクシング部のシーンへ。
あんなに喧嘩が強いのに、縄跳びがでけへんの~!
いちいち縄につっかかるシーンがめっちゃラヴリ~!
これ見て鷲掴みされた心ブイブイ振り回されて、脳内では鼻血出してましたわ自分。

色々書きたいことがありますが、鼻血出してクラクラしてますんでひとまずここまで。









スポンサーサイト
EDIT  |  06:15 |  真ちゃんねるレポート  | TB(0)  | CM(8) | Top↑

★同じく・・・

パタさんに連れて行っていただきましたsikoですv
や~、誘ってくれてありがとうありがとう!
映画、すごい良かったですよ~、
いろんな真ちゃんが見られて、特にあの
中坊の学ラン姿で喧嘩するシーンがね~、
ワタクシ的にツボ中のツボ!でございました。
舞台挨拶も、「うおお~、生だわ、生真ちゃんだわ!」と
感動の嵐でございました(笑)

ちょっとこのところ家庭の事情で腰を据えて
長い文が書けませんので、
ちょこっとずつしか記事UP&コメントができませんが、
パタさんと掛け合う形で少しずつ語っていければと
思います。
よろしくね、パタさんv
siko |  2008年01月30日(水) 23:30 | URL 【コメント編集】

★36歳にして

14~15歳の役をしても全く違和感なし。
実際の中学生より可愛いかもしれない←またしても
ファンの欲目。
実年齢より若い役はなんぼでも行けまっせ。
サラ金からの取り立ての電話に、
子供の声を出して居留守を使ってたシーンありましたでしょ?
声だけなら5歳くらいまで守備範囲。
年齢不詳もここに極まれりってなもんで。
(因みに、豊川さんは出生地不詳。
どこの地方の日本人でも、土着の人みたいにこなしてしまう)

しかし真ちゃん、老け役(50代)はいただけませんねえ。
童顔だからてんで似合わないの。
老けシーンの次に出て来た病院のシーンは、
老けメイクなしで20年くらい若返っちゃって、
59歳の病人には絶対に見えませんでした(手抜き?)
sikoさんからお聞きした「聖徳太子の超改革」も50代はe-61だったのでしょう?
実年齢より上の役はなさらない方がいいでしょう、真ちゃんの場合。

学ラン・ボクサー・日本代表のジャージ・ヤクっぽいスタイル・パジャマ・
サンダル履きのカジュアルスタイル・病人着etc
まさに真ちゃんの魅力全開。
真ちゃん詰め合わせ福袋のようで、
見ていてとーーっても楽しかったですね。
パタ |  2008年01月31日(木) 22:18 | URL 【コメント編集】

★真ちゃん、詰め合わせ福袋!(笑)

や、でもホントその通りですよ~、中高生役があんなに違和感なく演じられるなんてビックリ!
確かに森岡さん享年59歳は無理があったけど(^^;)
いや、刑事役の赤井英和が上手に老けてたから余計そう思っちゃったのかな?(苦笑)
白髪もシワもない59歳・・・もしかしたら実際の森岡さんも若く見える人だったのかもしれませんが←苦しい解釈
siko |  2008年02月01日(金) 07:54 | URL 【コメント編集】

★ありがとうございました!

この映画、前から興味があったのですごく参考になりました。
見たいなとは思ったのですが、金欠で映画代が辛かったもので内容を確認したかったのです。(貧)
面白そうなので、ぜひ見ようと思います。
いい情報をいただきありがとうございました。
choco |  2008年02月01日(金) 15:31 | URL 【コメント編集】

★わぁ★彡chocoさん

嬉しいです(*^o^*)
この映画に興味を持って下さって。
私のフジョシ心丸出しの文章で、
じんわり温かく心に染みてくるこの作品の良さが伝わりましたかどうか・・・
舞台挨拶の時に真ちゃんや村岡監督から、
「今日(26日)御覧になった方は、この映画のことを広めて下さい」と言われていたので、
機会がありましたら、ぜひ映画館に足をお運びいただければ有難いです。

あの‥もしお差支えなければ、
新宿ガーデンシネマの前売券1枚を差し上げましょうか?
遠方でしたら、東京豊洲ユナイテッドシネマor岐阜真正16ユナイテッドシネマで
950円で鑑賞できる優待券2枚もございます。
個人情報を知らせいただく必要があるので、
ご都合が悪ければ無理は申しません。
何卒ご一考下さい。

パタ |  2008年02月01日(金) 18:27 | URL 【コメント編集】

★観客1人GET?

わーい、chocoさん、ぜひぜひ見てください、
ドラマ版NIGHT HEADの直也ファンなら、萌えるシーンが随所にありますv
でなくとも、笑えて泣けて元気が出る映画です、
子役の女の子もとっても可愛かったし、兄役の山崎邦生が出てくるシーンはコミカルで笑えたし、姉もおじいちゃんもすごく雰囲気あって良かったし、役者さんがそれぞれの役にぴったりはまってました。

時間がないないと言いつつ、この映画はしっかり見ていたワタシでした、しかも舞台挨拶まで・・・(おいおい)
siko |  2008年02月02日(土) 12:09 | URL 【コメント編集】

★見てきました!

お二人のお話の通りすごく良かったです。
内容が本当にヤングジャンプみたいでした。
実話のせいかチマチマしていなくていい。栄治は駄目な男なんだけど、駄目過ぎてそこがかえって清々しい。それに武田真治がカッコイイ!
どこかで「昭和の愛すべき男」と書かれていました。確かに平成じゃないですね。
人間味があるというか。前に「椿三十郎」のところで書かれていた黒電話と携帯の話みたいです。
この場合は、いい意味で黒電話のストーリーを堪能できました。
それに治子役の女の子には可愛くて倒れました。武田、広末も相変わらず若い!
学生服からヤクザの用心棒までコスプレみたいで楽しかったです。(悦)
ただ、後半の老け役は二人とも少し違和感がありました。そのせいか話の流れもラストは冗長に感じてしまったのですが、この監督さんの作風なのかな?
でも、前半の栄治の生き方を応援したくなるような演出はすごく良かったと思います。
あと、水曜のレディースデーだというのに客の入りは三割程度。
いい映画なので、もう少し埋まって欲しいと思いました。(涙)

パタ様。
お気遣いありがとうございます。
気付かずフライングでした。失礼しました。
choco |  2008年02月06日(水) 21:52 | URL 【コメント編集】

★(^^)御覧になられたのですね

映画について語り合えるお仲間が増えたのが凄く嬉しいです。
【「昭和の愛すべき男」と書かれていました。確かに平成じゃないですね】
はい。昭和時代に確かに存在していた人情を随所に感じました。
『じゃりんこチエ』&『悲しい色やね』の世界。
黒電話=アナログ時代の匂いを知ってる世代としては感情移入しやすく、
【前半の栄治の生き方を応援したくなる】e-8同感です。「エーちゃん、きばりや~」と思いました。

治子役の子が凄く上手で、
父親&同じクラスの男子&愛人:裕子への想いを繊細かつ自然に表現していました。
彼女の演技力の、この映画への貢献度は非常に大きいと思います。
そうそう、「治子」の「ハル」は「真治」の「治」だとsikoさんがおっしゃってました。
私ったらファンのくせに、全然気付かなかったv-279

【後半の老け役は二人とも少し違和感がありました。そのせいか話の流れもラストは冗長に感じてしまったのですが】e-8違和感ありありで笑っちゃいました。
赤井英和が老け役が上手なので、余計にそう感じたのかもしれません。
それに取調べのシーンなど、取って付けたような感じでちょっと浮いてましたものね。

それにしても、第3回日本映画エンジェル大賞を取った映画なのに、
入りがイマイチなのは残念ですね。
ロードショー作品じゃないからなあ。。。





パタ |  2008年02月06日(水) 23:13 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。