06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.09.04 (Sun)

き、きたーっっっ、電車男!その4

健気にも毒男達は、お店探しを始めます。
ところが、焼肉、河豚、超高級フランス料理、あげくにメイドカフェ。
おいおい、マジレス頼むよというセレクトばかり。
ブチ切れたエリート、また書き込んでしまいます。
「『月の雫』!こういうこじゃれた和洋風居酒屋がいいんだよ!」
   ↑当芝居のスポンサーになっているのか?
エルメスも同意して、めでたくここに決定。
次の日曜日、有楽町マリオンで待ち合わせも決定。
こうして、緊張みなぎる電車男の生電話が終わったのでした。

「皆さん、お世話になりました」で、
電車男が2チャンネルの窓を閉じかけた瞬間、
「ち、ちょっと待ったぁ!」とエリートの書き込み。
「電車、お前、どういう成りしてる?」
「えっ?どういうって普通の・・」
「おまいが普通って言うのは、チェックのネルっぽいシャツに
 ジーパンに眼鏡か?」と1人の毒男。
「そうだよ。よくわかったね」
「まさか、ロン毛じゃないだろうな?」と別の毒男。
「いや。短いのとロン毛の中間。髪質はちょっとしっとりとした感じ」
ギャハハハハハハ。場内大爆笑。
(しっとりって、あんた、何日もシャンプーしてない証拠じゃん)
真ちゃんがこういう台詞を言うから、可笑しいの何のって!
電車男は事の重大さがまだわかっていない。
「おまい、それでエルメスとデートに行く気か?」
この書き込みでやっと目を覚まします。
「先ず、髪を何とかしろ!」
「う、うん。近所の床屋に行く」
「床屋じゃ駄目だ。美容院へ行け!」
「青山の××という店なら夜10時までやってる。
 ここなら仕事が終わってからでも十分OKだ」とエリート。
(あら、この人、結構親切だわ)
当日の服に関しても、エリートから丁寧なアドバイスがあり、
電車男は、青山の美容院&ショップ巡りをするここと相成りました。

美容院&ショップ巡りの様子がスクリーンに映し出されます。
台詞はありません。サイレントムービーのよう。
もう、ドキドキおどおどおのぼりさんモード。
驚きと焦りと緊張で、表情がくるくる変わるのが愉快。
でも、電車男って結構行動力あるなあと思いますね。
アドバイスに従い、今まで20余年間未踏地だった青山に乗り込んで、
ちゃんと服を買いカット&ヘアダイして来るんだもの。
恋する人間故の強さかなあ。
そんなこんなで、ショップの紙袋を抱えて自宅に戻って来ます。
カット&ヘアダイしているけれど、まだヲタク服に眼鏡のまま。
変身後の様子はまだわからずじまい。
「今日は早く寝ろ。もし寝られなかったら酒の力を借りてもいい」
「服はハンガーに掛けろ。
 下着にはファブリーズするのを忘れるな」
       ↑これもスポンサーか?
毒男達のアドバイスに素直に従い電車男は床に入ります。

いよいよ、デート当日。
毒男達は凄く親切。何故なら、電車男は彼らの希望の星だから。
「コロンはウエスト辺りに軽くだ。手首では匂いがきつ過ぎる」
「鼻毛抜いたか?耳垢取ったか?」
「コンタクト洗浄したか?」
「出かける前に軽く何か食べた方がいい。
 ダイエットビスケットみたいなのがいいな。
 デート中に腹が鳴ったりしたらみっともないぞ。
 それに空きっ腹に酒はベロンベロンになる危険がある」
それを聞いた後、電車男は衝立の陰で変身の仕度。
さあ、変身後の電車男、登場ーっっっ!
(いやあ!これこそ真治、真治、生真治よぉ!生直也ぁぁぁ!!)
 ↑この女やかましい。
まるで、さなぎが羽化したよう。カッコいい~vvv
だって、顔がこ~んな小さくて、
その中に形のいい眉と整った鼻梁とキラキラした目があぁぁ。
目なんかまばたきしたら星が零れるんじゃないかというくらい綺麗なんです。
舞台正面に立った彼を斜め横から見られる座席だったから、
横顔の美しさがバッチリ!
その美しさはまるで美術館にある彫像のよう。
(これで何も感じないんだったらエルメスアホや)と思いましたね。
かくして、電車男、いざ出陣。
でも上手にはける姿は、手と足が同時に出てました。お茶目さん。
スポンサーサイト

テーマ : 電車男 - ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  03:42 |  真ちゃんねるレポート  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

★ヘンシンッ!

って、仮面ライダーじゃないんだから(笑)
や、でも劇場内の様子、すごく的確に伝わってきましたよ、スゴーイ、すごいわ、パタさん!
その変身のシーンがホント目に浮かぶようです、いいなあ~、そんな間近で真ちゃん見られたなんて・・・羨ましい~、という気持ちが今頃になってじわじわとこみ上げて参りました(鈍)
一人芝居のシーンも見てみたかったなあ、そういうの得意そうだもんね、あの人は。
あと、劇場スクリーンを巧く使ってるってとこも何か今風だな、と思ったり。
や、本やドラマ、映画とは違う電車男ですねえ、ヅラがずれるアクシデントなんて、お芝居っていいなあ。(そこかよ!)
シコ |  2005年09月04日(日) 22:49 | URL 【コメント編集】

★ ヘーンシン(真)!

いやいや、本当に「ヘンシンッ!」て感じでしたよ。
まさに、使用前→使用後の見本。
使用後の姿には、会場全体が「ホーッ!」という感嘆の声でした。
一人芝居の電話シーンは、「おひさしぶりです」が「おしひさぶりです」とかんでいたり、落ち着きなくやたら部屋をグルグルと徘徊していました。
「何が何でも会話を長びかせろ」という毒男達からの指令により、
何とか会話を途切れさせないよう努力の跡が垣間見えました。
例えば、「いつも御飯は何杯食べますか?」とか。この部分はアドリブみたくて、9日と21日では違いました。
21日は「お風呂に入る時どっちの足から入りますか?」でした。
ファンサイトによると、5~6パターンあるようです。「靴に中敷入れますか?」の日もあったそうです。
ヅラズレの件といい、生の芝居ならではですね。
パタ |  2005年09月06日(火) 17:15 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。