08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.03.12 (Mon)

丹下左膳餘話 百萬兩の壷

一週間のごぶさたでした←年がバレバレ?
さて、3本目の丹下左膳、これはもー、超カッコエー豊さまが拝めます
隻眼、片腕の凄腕剣士、ワケありの過去がある矢場の用心棒、
滅法腕は立つんだけども、コドモと女にはからっきし弱そうな(笑)
とにかく人がいいんだよねえ、あの野村宏伸の道場破りのシーンといい、
ちょび安を預かってしまう経緯と言い、まさに江戸っ子を絵に描いたような浪人者、
普段は矢場の女将、お藤のとこに転げ込んでヒモみたいな生活ぶりなんだけど、
ここぞという時には、連れのコドモの目を塞いで、十数えさせる間に
襲ってきた刺客をばったばったと斬り倒す、
や、このシーンは、もう文句なしでカッコエーッす
口下手でシャイなところも○、特にちょび安(←「今会いに行きます」の子役の子)が、
いじめっ子にいじめられるからと言って嫌々寺子屋に行くシーン、
どうにも気になって、そーっと後をつけていって、いじめっ子が現れると、
ばしっとひっぱたいて、その直後、ちょび安と顔を見合わせるんだけど、
気まずそうに黙ったまま、くるっと踵を返してすたすた歩き去るシーン・・・
爆笑しつつも、ちょっとじーんとしてしまいました。
不器用なんだけど、ちゃんとチョビ安のことを思ってる、
もう、この辺は、すっかり「おとっつぁん」になっちゃってるんですよね(笑)
お藤役の和久井映見も良かったし、これはもう、見ててすっごく楽しかった
素適なDVDをありがとうでした、パタさんv

というわけで、このごろの豊さまは、コドモ絡みなシーンが妙に印象に
残りました、という話。
現実には、またまたチョンガー(死語?)になっちゃいましたけども、
子供への目線がやけに優しい豊さま、意外とコドモ好きと思っちゃったり(笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  00:33 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。