08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.08.31 (Wed)

やっと、「妖怪」見てきました

ハア~、やっと「妖怪大戦争」見てきましたよ(^^;)
おっしゃる通り、ありゃ「妖怪大集合」ですね。
ある妖怪自身も言っていましたが、「妖怪夏祭り」=
「妖怪サマーフェスティバル」ざんすよ。
妖怪それぞれが個性的で愛嬌があって面白かったけれど。
いや、神木くんの怖がり方がリアルでお上手!
表情がくるくる変わってまさに「あいくるしいvv」

そして、我らの加藤さ~んvv
も、敵役が適役。生き生きしてましたよ。
クールな演技でも、心はノッてたなあ。
気持ち良さそうに魔人を演じていました。
タッパがあるから、あのお衣装が激、激かっこいい~!
アギならずとも惚れるね、あの妖しい大人の色気にはvvv
第7話を彷彿とさせる終盤のアギへの態度、
ゾクゾクしちゃいましたよぉ。
「加藤様と1つになりたい」と縋るアギを
「お前と契る私など想像できない」と殺めてしまう。
いいぞぉ加藤、よく言ったぁ保憲。
1人で悦(司)に入っていました。←大問題発言!ブン殴って下さい。
それと、神木くんをすっ飛ばすシーン、
あれは本当に直人のP.Kとクリソツでしたね。
「サイコキネシスをヴィジュアルにすると、あんな風になるのね」
という見本でした。

その愛しても愛しても報われぬ栗山アギちゃんですが、
見事なスタイル、妖しい雰囲気、怖いメイクなのに、
台詞をしゃべり出すと、あらま、アイドル声。
まるで、アンパンマンに出てくるドキンちゃんみたいと思ったのは
私だけでしょうか?
彼女も気持ち良さそうに鞭を振るっていましたねえ。
その思いっきりの良さとアイドル声のギャップが面白かったです。

なあ~んか、アギの胸の谷間と川姫の太腿が
やけに印象に残ってて。
その川姫、人型だった時代に
先住民時代の加藤さんに手を差し伸べて突き放されていましたね。
加藤さんに何らかの思いがあって手を伸ばしたのでしょうね。
ということは、アギと川姫は加藤を巡ってライバル関係?
こっちの話も面白そうですが、本題とかけ離れてしまいますね。
「踊る大捜査線」の「交渉人真下正義」や「容疑者室井慎次」みたいにサイドストーリー作らないかな。(室井の方に小木さん出てますね)

私は、チラッと出てきた先住民時代の加藤さんが
気になって、気になって。
というのは、そのヴィジュアルに一目惚れ~したからです。
結わずに垂らした白い長髪、白装束、冷徹な眼差し←征ちゃんも似合いそう
も、萌えるーっっっ!!
タッパがあるから、
正しい意味でのコスチュームプレイが抜群に似合うvvvv
これまたチラッと、安倍清明が加藤さんと並び立っているシーンが
ありました。
彼と加藤さんとの間にいかなる関係があったか、
こちらも気になって、気になって。
帰宅してから、大妄想大会。
安倍清明が直也で、先住民加藤が直人。
夜中まで脳内スクリーンで妄想炸裂。
いやあ、いい役者さんは想像をかきたててくれるなあ。

最後に、神木くん親子&おじいちゃんが←お赤飯美味しそうだった
住んでるのは境港のようでしたね。
「八つ墓」で、兄弟が日本海を見に行ったのも境港。
「妖怪」の舞台設定なんか全く知らずに、
パロ劇では勝手に境港へ兄弟を行かしたのでした。
凄い偶然に嬉しさがこみ上げてきました。
N.Hの二次小説を書いてるから、直也の力の影響が?
んな訳ないか。



スポンサーサイト
EDIT  |  18:33 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

★こちらも楽しく読ませてもらってました。

ました・・・って過去形がね(殴)
や、ホント、読みに来てはいたんですが、コメントが追いつかなくてスミマセン~、
でも確かにエっちゃんはコスプレ似合いますよねえ~、ワタクシのBLファンな友人がやはり「映画自体は全然つまんなかったけど、唯一豊川悦司が見られたのが良かった」と彼だけ褒めてましたね、それも演技やキャラには全然触れず(笑)やはりコスチュームと見た目でしたね、ううむ、腐女子の憧れ、というか、理想の攻キャラ№1ってとこでしょうか(激腐ッ)
パタさん大妄想(笑)の「安倍清明が直也で、先住民加藤が直人」にはワタクシも超萌vですよ、やっぱりその2人で時空を超えて彷徨うのですねv
シコ |  2005年09月05日(月) 07:51 | URL 【コメント編集】

★OH! 理想の攻めキャラ

BLファンの方が「唯一悦ちゃん見られて良かった」とおっしゃられたと。唯一、唯一ですか?ホー、そうですか、そうですか。
やはり、加藤さん凄い存在感でしたもの。あのまなざし、あの声、攻められたら否やは言えない迫力がありますわ。
シコさんも別の項でコメントしておられますが、年齢を感じさせませんよねえ。(真ちゃんもだけど)
女優さんもそうだけど、男優もある意味化け物ですよね。
んでもって、豊ピーの下唇の形って、何か独特の形で、エロっぽいのですよ。小造りなのに唇の中央が妙に厚いんです。
その唇から台詞が発せられる度、もう危険な香りがいっぱい。
そうですよね。あの硬質な響きを持つ声はまさに攻めキャラですよね。
ずはり、キングオブ攻め!
パタ |  2005年09月05日(月) 15:12 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。