07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.02.10 (Sat)

『スウィーニートッド』独断的観劇レポート その2

では改めて、武田真治クンasトバイアス=トビーについて。
「宮本亜門先生、よくぞキャスティングして下さいました」という位、
トバイアスの性格・生き様がよく表現されていました。
さてさて『エリザベート』の時と違い、
今回はプロローグのコーラスアンサンブルに参加していました。
(トートは異界の者だったから、プロローグのコーラスをする人間達とは一線を画していたのですね)
演出上薄暗い照明の中、「あっ、真ちゃんいるいる」と姿を確認。
その後しばらく出てこないので、
「トバイアスまだか~」と今か今かと待ちわびていました。
そうして、スウィーニートッドvsピレリの床屋対決のシーンでいよいよ登場。
きたーーーーっっっトバイアス、ドコドコドン♪と太鼓叩いて登場。
暗めトーンの服装が多い中、
手品師のような赤ラメ山高帽、黄緑の丈の短いジャケット、
えんじ色のくるぶし丈のズボンという出で立ちで、
「ピレリの妙薬」のキャンペーンソングを歌います。
文字通り、ピレリ先生の太鼓持ち。
「ある日僕は皮膚病で毛が抜けてツルっパゲになってしまった。
 でもこの薬を使ったら髪がフサフサ生えてきたんだ。
 見てよ、僕のこの髪を。これが何よりの証拠さ。
 薄毛に悩むそこのあなた、ぜひとも買って下さいな。
 モテモテおやじに大変身さ!!」という内容の嘘くさい歌。
怪しげな薬だというのがバレバレ。
ピレリ先生を称えようと跪いて手の平をヒラヒラ動かしたり、
歯抜きの実験台がいないので無理やり押さえつけられて、
「いやだ~離してくれ~」とジタバタしたり、
トバイアス君、初っ端から可愛いところを見せてくれました(フフフ・・)
ところがピレリという床屋、口先ばかりで腕は大したことないまやかし者。
ひげそりでも歯抜き(当時床屋は歯医者も兼ねていたようです)でも、
あっさりとスウィーニートッドに負けてしまいます。
負けた腹いせに、ピレリは「小僧、ぐずぐずすんな~~」とトバイアスに飛び蹴り。
このパチもんぶりに、私はピレリが一気に好きになりました。
(ピレリ役は芸大声楽科大学院出身の中西勝之さん。
オペラな歌声を聴いてみたくなりました。CD買ってみようかな)
それにしても“トビーにトビ蹴り”の哀れな姿さえ、
真ファンの腐った目には可愛く写ってしまいました(殴)

床屋対決の翌日、ピレリ+使い走りのトバイアスがスウィーニートッドの店にやって来ます。
スウィーニートッドの過去を知るピレリはそれをネタに強請ったつもりが、
ヤバイと思ったスウィーニートッドに逆に殺されてしまいます。
ピレリが用事を済ませる間、
トバイアスは階下のラヴェット夫人のパイ屋でまずいパイを食べながらおとなしく待っていましたが、
ピレリが遅いのでどうしたのかと2階の床屋を見に行きます。
「ピレリは用事があって先に帰った」とスウィーニートッドが言うと、
「じゃあ僕、ピレリさんが戻るまでここで待ちます」
「言われたこと以外のことをすると、凄く怒られるんだ」と答えます。
“頭の弱い青年トバイアス”とチラシのあらすじに書いてあるので、
彼には軽い知的障害があると考えられ、
それ故の彼の従順な性格が伺えるシーンです。
待ってもらっちゃ困るスウィーニートッドは
「君は若いんだから、もっとパイが食べられるだろう?
それとミセスラヴェットはジンを飲ませてくれると言っていたぞ」
と誤魔化し促したところ、
人が言ったことをそのまま素直に信じるトバイアスは
「はい。そうします。トッドさんは何ていい人なんだ」と感激して手まで握り、
階下でまたパイを食べジンを飲ませてもらい、最後にはコテっと眠ってしまいます。
これら一連のシーン、本当に可愛かったですね。
いや、可愛いとしか表現できないのが口惜しいんですけど。
う~ん、障害がある故の従順忠実=バカ正直な部分をいい様に使われて
使い走りのようなことをやっていますが、
トバイアスが真面目に一生懸命生きているところが十分に伝わってきました。

ピレリの死体の始末に困ったスウィーニートッドに、
ラヴェット夫人は「うちのミートパイの材料にしちゃえばいいのよ」と
屈託なく提案します。
これで腹の据わったスウィーニートッドは、
次々と床屋のカミソリで客の頚動脈をブッたぎり殺していきます。
死体は次々と地下の焼き釜に放り込まれ、
人肉ミートパイに生まれ変わるのでした。
こうして、復讐への狼煙を挙げたところで第1幕が終わります。

さて、第2幕は真ちゃんの歌で始まります。
照明が落とされた中、舞台中央奥に板付きしている真ちゃんの姿がおぼろげに見えました。
こういうのってなかなか見られることじゃないので、
ちょっといやかなり嬉しかったです(観客へのサービス?の訳ないか)
奥から飛び出した真ちゃんは、2曲目のソロナンバー。
ボーダーのTシャツに前掛け姿が小柄な彼によく似合っています。
人肉パイは何故か美味しく大評判で、
閑古鳥が鳴いていた店は打って変わって大にぎわい。
トバイアスもいつしか店を手伝い始めたようです。
ラヴェット夫人に指示される通り、
客の注文に応じたり、つきまとう女乞食(意味ありげな存在)を追い払ったり、
食い逃げをしようとする客を追いかけたり、かいがいしく働いていました。
しかし脳に指令が伝わるまでが人よりちょっと時間がかかるから、
ちょっと動作がトロい。おまけに内股。
でも「ここで働くことがとても楽しくて嬉しいんだ」という気持ちが
芝居でも歌でもビンビン伝わってきました。

ラヴェット夫人に雇われ彼女と毎日接していくうちに、
トバイアスの中にある気持ちが芽生えてきます。
「僕、こんなに親切にしてもらったの初めてだよ」
従順だがトロい故に、ピレリにいやそれ以前にも「うすのろ」とか
「どんくさい」とか小突き回され辛い日々を送っていたのだろうなと想像できます。
親切にしてもらったことへの感謝が思慕へと変わっていったのです。
トバイアスにはソロナンバーが3曲ありますが、
アップテンポな他2曲と違って、
ラヴェットへの想いをスローなナンバーで素直に強く伝えていきます。
「いつも僕がそばにいるよ。
 災難が貴女に襲いかかったら僕が貴女を守る、守ってみせる」と。
何かこれ、直也が落ち込んだ直人に語りかけてるみたいと思ったのは私だけでしょうか?
こういう救いのないアホは私だけでしょうね。
「兄さん、僕がそばにいるよ。
 いつも兄さんが僕を守ってくれるように、今度は僕が兄さんを守るよ」
って置き換えて、ぎゃああああ、も、萌ゆるーーーっっと
客席で密かに悶えていました。
年上の女性に対する思慕といって思い出すのは、
真ちゃんの初舞台『身毒丸』です。
これは、継母への憎しみが実は・・という屈折した愛情表現でしたが、
今回は継母とかしがらみがない分、ストレートな愛情表現。
一途だ、健気だ。あ゛あ゛あ゛やっぱり可愛い~vvv
そう、一途が故に彼の恋路を邪魔する者の存在を鋭く見抜きます。
私にも知的障害の子供がいますからよくわかりますが、
彼らは人をよく観察していて、
自分にとって快か不快か見極める能力が実に優れていて、
更にいつもと違うという状況にとても敏感です。
トバイアスにとって不快なもの、それは2階の床屋スウィーニートッド。
ラヴェット夫人がスウィーニートッドを好いているのを感じ取っているうえ、
かつてピレリが持っていた財布を夫人が所持しているのを見て、
2人の行動を疑い始めます。
ヤバイと思った夫人が「お前にパイの作り方を教えてやるよ。
そうだ。地下の焼き釜も見せてあげる」と話題を変えたら、
あっさりと疑惑を引っ込めました。
「美味しいパイを作るには、ハンドルをゆっくり3回回すんだよ」と聞かされると、
「3回?3回ですね」と確認して、
いつまでもいつまでもミンチマシーンのハンドルを回していました。
嗚呼、悲しきトバイアス。切ないトバイアス。

やがてミンチマシーンの蓋を開けたトバイアスは、ミンチの中に黒い毛を発見します。
「きっと黒い牛の毛が混じったんだな」
次に爪らしき物を発見します。
「どう見てもこれ、人の爪・・どういうこと?」と呟いたところで、
ストーンッとビードル(判事ターピンの部下でヤな感じの奴)の死体が落下してきました。
ホラーな状況に腰を抜かさんばかりのトバイアス。
「マダム!マダム!ここを開けて~~!!!」
しかしドアの鍵はラヴェット夫人が持っていて、
彼は恐怖の地下工場に閉じ込められてしまいます(その後行方不明)
これら一連のシーン、『N.H』第2話:広瀬麗子の意識をリーディングしてしまい、
彼女が殺人を犯した映像の恐怖におののく直也を彷彿させました。
いやあ、失礼しました。また腐女子思考が駆け巡ってしまいました。

復讐の鬼と化したスウィーニートッドは、
人が人を殺めるという感覚が既に麻痺し、
まるで機械の如く殺人を繰り返し死体を地下工場へ送り込んでいました。
ところが地下工場から上って来る煙の臭いに、尋常ではないと感づいた人物がいました。
それは以前から店の周りをうろついている女乞食。
パイ屋を不審に思っていた彼女は、ひょんなことから2階の床屋に上がって行きました。
そこで窓を開け、赤ん坊をあやす仕草をします。
嗚呼それこそは、
芝居冒頭の回想シーンで床屋の美しい妻がしていた仕草と同じではありませんか!
そこで私達観客は、女乞食=床屋の妻と気が付きます。
しかし、スウィーニートッドはそれを知る由もなく・・
自分の店に入り込んだ乞食を見た彼は、
秘密を知られることを恐れかつてあんなにも愛した妻を殺してしまうのでした。
彼はもはや止まることを知らず、
ターピンの養女ジョアンナ(=スウィーニートッドの娘)が、
恋人アンソニーとの駆け落ちの為自分の店で待ち合わせているという手紙で
憎っき判事ターピンをおびき出し、
再び店の椅子に座らせついについに復讐を果たします。
達成感?に浸っていた時、長椅子の中から物音が。
何と、ジョアンナ=彼の娘が隠れていたのでした。
ある事情から男装していた為娘だと気付かず、
殺人を見られたと早とちりしこいつも消してしまおうと思った矢先、
地下からラヴェット夫人の叫び声が。
地下に行ってみると、死後硬直したターピンの手が
夫人のスカートを離さないので大声を上げたことがわかりました。
それから床を見ると、むごたらしく転がる女乞食の死体。
何の気なしにその顔を見たスウィーニートッドは驚きの声を上げます。
「ル、ルーシー!!!・・・」
元妻の変わり果てた姿を目のあたりにして、
己の犯した罪の重さにへなへなと座り込んでしまいます。
しかし、そわそわした態度で傍らに立つラヴェット夫人が目に入りました。
「し、知っていたのか!?」
「そ、そうよ、知っていたわ。
夜な夜な腐ったゴミを漁る女乞食があんたの奥さんだよって、
そんなひどいことどうして言える?
奥さんさえいなければ、あたしはあんたと結婚できる。
だから奥さんは死んだと嘘をついたのさ」
怒ったスウィーニートッドは、忠実な協力者であるラヴェット夫人を
焼き釜に放り込んでしまいます。
そこへ行方不明と思われていたトバイアスが現れます。
誰も知らない地下の地下から。
そのうえ、ブロンドの髪は何故か白く変わっています。
妻の遺体をかき抱き悲嘆にくれるスウィーニートッドに、
「トッドさん、こんなことやっちゃダメじゃないですか」と話しかけます。
この声のトーン、映画版『N.H』で佐起枝を連れ去るアーク一味に、
「ダメだよ。佐起枝さんを連れて行っちゃ・・」と言うシーンにチョイ似だと思いました。
またしてもこんなこと考えるのは私だけですね。
トバイアスは落ちていたカミソリを拾い上げて、
自分の愛する夫人に災いをもたらすであろう人物の首に、
冷たい刃を押し当てます。
スウィーニートッドは彼が他人の命を奪って来た方法で、
自分の命を絶たれる結果となってしまいました。
殺害後トバイアスは、
かつて彼がしていた作業=ミンチマシーンのハンドルを回し始めるのでした。
そこへアンソニーとジョアンナ、警官数人が駆け込んで来ました。
「入っちゃダメだよ!
 ここはマダムから誰も入れるなって言われてるんだから」
彼は何事もなかったかのように、ハンドルを一心不乱に回し続けるのでした。
第2幕メインストーリーは真ちゃんの歌で始まり、
真ちゃんの台詞で終わったのでした。
その後、フィナーレのコーラスアンサンブル→スウィーニートッド、ピンで登場。
バッチリ決まってこれにて終了。
それにしても、復讐の果てにスウィーニートッドが得た物は・・?


スポンサーサイト
EDIT  |  13:14 |  真ちゃんねるレポート  | TB(0)  | CM(3) | Top↑

★トビーにトビ蹴り!(笑)

おおっ、スウィーニー感想の第二弾ですね、
さらにさらに詳しい解説をありがとうございますv
やー、もうトビー並にお弱いおつむのワタシ(^^;)ですんで、
あ~んなに大喜び&大感激だった鑑賞当日の記憶も
日に日に薄れてきてましたが、パタさんのこのレポのお陰で
また少し記憶が甦って参りました。
そうそう、タイコ叩いて出てきましたねえ、ぼさぼさ頭で(笑)
このカツラが途中で(ラヴェット夫人との会話中だったっけ?)
激しくズレるんですよね、それを直すシーンで観客の笑いを取ってましたっけ。
そしてそうそう、頭の弱い若者役ってことで、周囲からはいいようにいじり倒され、
その様子がまた腐女子ゴコロをそそってたんですよねえ、ムフッv
そうか、あの親方役って、ピレリと言うのですね←役名もよう覚えとらんと…
ハイ、あの方もねえ、すっごい楽しそうに道化な敵役を演じてましたね(^^)
このミュージカル、実は結構不気味な内容なんですけども、ストーリーそのものは
コミカル仕立てで、そのせいかやってる役者さんたちもノリノリな感じがしましたv

《階下でまたパイを食べジンを飲ませてもらい、最後にはコテっと眠ってしまいます。 これら一連のシーン、本当に可愛かったですね。》
ええもう、おっしゃるとおりッ(笑)
いやん、もう~、カワイーッvvvってなもんで(^^;)
ここはもう、パタさんの書いてらっしゃるとおりですよ、役柄もあって
可愛さ二乗なんですね。
そして、こういうキャラゆえの愚直な純粋さが出る場面のところどころで、
“直也”が被ってくる、という感想にも激しく同意!
《腐女子思考が駆け巡って~》
《またしてもこんなこと考えるのは私だけですね》
いえいえvなんのなんのvv(笑)
鑑賞中はストーリー追うのに必死でしたんで、途中途中で例の「やーんカワイー」を
連発しつつ、でもそんな中にも時折「あれ?」と引っかかるというか、妙に心が
ざわっとすることがありました。
それが、後でパタさんから「直也とキャラ被ってた」と言われて、
「あっ、そうか!」とざわざわの謎が納得できたのでした、やー、ですから、
腐女子ゴコロの琴線に触れる部分は同じだったのですね~、不埒目線は一緒です一緒!(^^;)


うーむ、愚息が「早く貸して」うるさくせっつくので、また後で書きますね!
siko |  2007年02月12日(月) 09:39 | URL 【コメント編集】

★第2幕・・・

そうでしたね、トビーの歌で始まって、トビーの台詞で終わる、
意外と重要な役柄だったのね、トバイアスって。
それを思えば、この記事の頭で「宮本先生、よくぞこのキャスティングを~」と
パタさんが書いてるの、よくわかりましたよ、ハイ、トビーに真ちゃんって
実はナイスキャスティングだったんですね(^_^)v

ところで、以下は私信も混じっちゃいますが、最初はサエない外見で出てきたトビーが
中盤以後、あの役柄なりに活躍しはじめてからは妙に可愛いカッコ良くなっちゃうって、
パタさんにお借りしたあのDVD「電車男」のパターンっぽくないですか?
いや、先週、ようやく見終わったものですから、今回この感想読んで、あらら、似てるわv
と思っちゃいました。
あれも最初の方はこの先ホントにどうなっちゃうの?と心配したぐらいオタクな外見で(苦笑)
それが美容院行って服を着替えて出てくると、突然イイ男になっている、という(笑)
あれは早変わり的な激変でしたが、スウィーニーでの変化はもっと緩やかでしたね。
そう、パタさんおっしゃるところの《トバイアスの性格・生き様》が
彼を内面から輝かせていくというか。
復讐心と欲心に囚われたスウィーニートッドとミセスラヴェットが
徐々に人間らしい心を失ってゆくのが、終始変わらぬ純情でミセスラヴェットを慕う
トビーの存在により、一層際だってるような気がしました…
↑ジョアンナとアンソニーの純愛はアウトオブ眼中?(^^;)
siko |  2007年02月12日(月) 13:49 | URL 【コメント編集】

★トビーと電車

あら?『きかんしゃトーマス』の中のお話のような件名になってしまった(^^;)
深いところまで考察したコメントをたくさんたくさん有難うございました。
と同時に、よこしまなデイドリームを見ていたのは私だけじゃなかったとわかり(おい゛)安心しました。
そうか。トバイアス君って直也だけでなく、電車男ともキャラカブってたのか!
<最初はサエない外見で出てきたトビーが
中盤以後、あの役柄なりに活躍しはじめてからは妙に可愛いカッコ良くなっちゃうって>
<《トバイアスの性格・生き様》が
彼を内面から輝かせていくというか>
ええ、ええ。ラヴェット夫人の店で働くようになって、
自分が誰かに必要とされている、自分の居場所を見つけた、
つまり自己肯定感を持てるようになったということでしょう。
内面の変化が可愛カッコいい外見へと変身させていったのでしょうね。
(逆に外見がもう既にイケている直人直也の方が、自己肯定感持ってないですもんね)

<復讐心と欲心に囚われたスウィーニートッドとミセスラヴェットが徐々に人間らしい心を失ってゆくのが、終始変わらぬ純情でミセスラヴェットを慕うトビーの存在により、一層際だってるような気がしました…>
本当におっしゃる通りです。
電車でもトビーでも、人を愛するという行為は前向きな正方向のエネルギーですよね。
トビーがこれを顕かにすればするほど、
復讐とか罪の隠蔽という負のエネルギーを持つスウィーニートッドとラヴェット夫人のダークサイドが浮かび上がるという構造なのだと気付きました。
アンソニーとジョアンナの恋も同じ役目を負っています。
スウィーニートッドとラヴェット夫人を“黒い太陽”とするならば、
トバイアス・アンソニー&ジョアンナをはじめ、ピレリ親方さえもその周囲を回る惑星と云えましょう。

ああ、だからこの作品観れば観るほど面白いのか!
ただエグいだけでなく、人間の内面まできっちり表現されているからなのか。
おまけにおっしゃる通り、
<実は結構不気味な内容なんですけども、ストーリーそのものは
コミカル仕立てで、そのせいかやってる役者さんたちもノリノリな感じがしましたv>
シリアスなんだけどコミカル。
復讐とか殺人とか重い内容なのだけど、観た後嫌な感じが残らない。
シリアスとコミカルのさじ加減が絶妙なのですねえ。
さすが、宮本亜門先生&役者の皆さん。






パタ |  2007年02月12日(月) 19:40 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。