02月≪ 2007年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.03.12 (Mon)

丹下左膳餘話 百萬兩の壷

一週間のごぶさたでした←年がバレバレ?
さて、3本目の丹下左膳、これはもー、超カッコエー豊さまが拝めます
隻眼、片腕の凄腕剣士、ワケありの過去がある矢場の用心棒、
滅法腕は立つんだけども、コドモと女にはからっきし弱そうな(笑)
とにかく人がいいんだよねえ、あの野村宏伸の道場破りのシーンといい、
ちょび安を預かってしまう経緯と言い、まさに江戸っ子を絵に描いたような浪人者、
普段は矢場の女将、お藤のとこに転げ込んでヒモみたいな生活ぶりなんだけど、
ここぞという時には、連れのコドモの目を塞いで、十数えさせる間に
襲ってきた刺客をばったばったと斬り倒す、
や、このシーンは、もう文句なしでカッコエーッす
口下手でシャイなところも○、特にちょび安(←「今会いに行きます」の子役の子)が、
いじめっ子にいじめられるからと言って嫌々寺子屋に行くシーン、
どうにも気になって、そーっと後をつけていって、いじめっ子が現れると、
ばしっとひっぱたいて、その直後、ちょび安と顔を見合わせるんだけど、
気まずそうに黙ったまま、くるっと踵を返してすたすた歩き去るシーン・・・
爆笑しつつも、ちょっとじーんとしてしまいました。
不器用なんだけど、ちゃんとチョビ安のことを思ってる、
もう、この辺は、すっかり「おとっつぁん」になっちゃってるんですよね(笑)
お藤役の和久井映見も良かったし、これはもう、見ててすっごく楽しかった
素適なDVDをありがとうでした、パタさんv

というわけで、このごろの豊さまは、コドモ絡みなシーンが妙に印象に
残りました、という話。
現実には、またまたチョンガー(死語?)になっちゃいましたけども、
子供への目線がやけに優しい豊さま、意外とコドモ好きと思っちゃったり(笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  00:33 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.03.03 (Sat)

コドモ

過去の豊さま出演映画のお話といっても、パタさんからお借りした
「男たちの描いた絵」
「傷だらけの天使 愚か者」
「丹下左膳 百万両の壺」
の3本だけなんですけども(^^;)
の絵文字はワタクシなりの映画のイメージっす

「男たち~」の豊さまは、心優しい青年=スギオが、超キレてる
粗暴なヤクザ=マツオと人格が入れ替わってしまう、という
悲惨な二重人格者を演じています。
や、これも半分(以上?)はエロいベッドシーンが売りなんでしょうね、
前半ではスギオの恋人をマツオがレイプするシーンが延々と続き、
その後でスギオが彼女に会いに行ったら、マツオとの異常愛に
目覚めてしまった女がMになっちゃってる、という展開は、
AVっすか、こりゃマイッタと思いますたよ、トホホ。
でもこの豊さま、お肌がキレイでしたわ、ま、若かったからな
そんで、後半は高橋恵子扮するクラブ歌手との純愛に目覚めるマツオの話、
原作はひたすら大笑いでしたが(おい!)映画の方は結構シリアスで、な結末でしたね。
とにかく、豊さまの人格入れ変わりっぷりの鮮やかさには瞠目←な、何か違う・・・
冒頭で監禁したヤクザ相手にキレまくるシーンやレイプシーンの鬼畜っぷりと、
後半で拾った子猫を可愛がるシーンの素朴な青年ぶり、
まあ、これだけ性格が相反した方が役者としてはやりやすかったかもしれませんが

で、後の2本では、「コドモ」絡みのシーンがやけに記憶に残ってます
「傷天」は、偶然ヤクザの死に際に立ち会ってしまった探偵=豊さまが、
そのヤクザの息子を母親の元へ送り届けるよう頼まれてしまい、
弟分=真木蔵人を連れて東北を旅するという、ロードムービーなんですが、
このヤクザの息子=蛍に段々と情が移ってくあたりが可笑しいというか、
再婚を考えている母親には邪魔者扱いされ、しょうがないから
祖父のところへ連れてくんですが、何とかそこで預かってもらえることに
なって、ほっとするんだけど、でも何だか寂しいのね(笑)
あの別れのシーンが良かったです、東北の寂れた駅、ショボい電車、
その電車の窓からひょいと身を乗り出して、蛍の頭を抱き寄せ、
おでこをこっつんするところ
あとは最後の真木とのキャッチボールのシーン、
ボールを探しに藪に入ったアニキをずーっと待ち続ける久がね、
愛しいというか何というか(笑)
いつも便利に使われて、迷惑かけられ続けみたいなんだけど、
でもやっぱりこの久はアニキのことが大好きなんだな、と
わかる台詞を延々と愚痴っぽく投げつける・・・
あ、でもあの最後って、アレですかやっぱりなわけですか
や、そうなんだろうな、とは思ったのですが、
それだと、何だか救いがないなあ

と、ここでタイムアップ、また後で続きを書きますね
EDIT  |  16:43 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。