04月≪ 2006年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.05.14 (Sun)

つ、ついに・・エリザベート!

行って参りました。
待ち焦がれた「エリザベート」v美しのトートvv
以下の文章は、一人で盛り上がっている感丸出しの文章かもしれません。
C-21:3列目ど真ん中で真ちゃんを眺めていたものですから、
観劇後はアドレナリン出放しです。
何卒ご容赦の程をm(_ _)m

率直な感想、もう1度・・観たい!
ルキー二の回想の形で始まるプロローグ。
主要な人物が次々と登場してきます。
その中には皇太后:ゾフィー役のイーちゃん寿ひずるさん、
エリザベートの母:ルドヴィカ役のはるちゃん春風ひとみさんの姿が見え、
宝塚在団中から定評のあったその歌声を耳にしただけで
早くも私の心は躍るのでした。
やがて棺の中から、
白のシンプルなドレス姿のエリザベートイッちゃん登場。
「う、美しい!」
そして最後に、トート真ちゃんが宙吊りで現れる。
「天使の歌は・・」と静々と歌いながら舞台に降り立つ。
「デビッド=ボウイのよう!!」
東宝HPの真ちゃんQ&Aで自身が言っていた70年代グラムロック風のウイッグ。
黒・グレー・白のグラデーションで、後ろ髪がなびいている。
問題の歌ですが、声が以外にも太いんです。
黄泉の帝王なんですから、細い声ではお話にならないのは尤もですが、
半年でよくぞここまでいい声を作り上げてきたなと思いました。
歌唱力という点では、共演の男優の方々の方が勝っています。
~石川禅さん(クリアな正統派テノール。とっても美声)や
高島政宏さん(狂言回しで面白い)、村井国夫さん、塚田三喜夫さんetc~
もちろん、Wキャストのもう一人:山口祐一郎さんと比べたら、
当然山口さんの方に軍配が上がるでしょう。
(山口さんの歌声は舞台ライヴ版CDで聴きましたが、
もう凄いのなんのって!
その歌声で作品の世界にグイグイ引き込んでいきます)
しかししかし、真ちゃんの歌声って何と申しましょうか・・妙な色気があるんです。
低音部分が特に。ブレスさえも。これはファンの欲目かもしれませんが。
存在がエロいと声帯までもエロいのか?
そのヴィジュアルと声が耽美で、
現世の人々とは一線を画した存在であることが明らかで、
すぐに引き込まれていきました。

ただ悲しいかなタッパがないので、
帝王然としたカリスマ性や黄泉に生きる者としての恐ろしさは希薄です。
山口さんなら手を上げただけでそうした物を表現できてしまうのでしょうけれど。
そういった部分では、真ちゃんのトートは、
女性がトートを演じた宝塚版に近いものがあると思われます。
宝塚を見慣れている私には違和感なく受け入れられましたが、
山口さん版・内野聖陽さん版のみを御覧になった方々には
不満が残るかもしれませんね。
舞台俳優の岡幸二郎さんがある雑誌で、
「男優がトートを演じるとどうしても生々しくなってしまう。
 その点宝塚の男役さんの場合、妖艶な感じが強く表れていて、
 それがトートの異形性にうまく嵌っている」と語っていました。
私も同感です。
また真ちゃんも今回の公演パンフの中で、
「“死”は誰もまだ経験したことがないから全てが謎であり、
 だから自由に表現していい部分がいっぱいある」と語っています。
そうですね。‘死”の世界の解釈は自由なのだから、
トートが帝王然としてようが庶民的であろうが、男であろうが女であろうが、
怖かろうがコケティシュであろうが構わない訳で、
寧ろ男々していない外見を逆手にとって、
たとえそれが賛否両論あるにしても、真ちゃんは真ちゃんなりの、
武田真治版トートをきっちり作り上げてきていると感じました。
役者としての力量は評価に値すると思います。

演劇雑誌や公演パンフで真ちゃんは、
「帝王然とした超人的なトートとして演じたくない。
 ふだんの自分が理性で抑えている部分を解放し、
 “ワル”の部分を強く意識していくつもりです」と語っています。
そういう彼のスタンスは随所に感じられました。
トートは孤独や絶望に浸るエリザベートの背後からいつも現れます。
1幕目、何とか惚れたエリザベートの気を引こうとちょっかいを出すといった感じで、
何か微笑ましいです。
エリザベートがなかなか陥落しないとみるや、
ハンガリーの反ハプスブルクの輩や
母を強く求める彼女の息子ルドルフにもちょっかいを出して、
彼女の心の外堀から埋めていくような策略に打って出ます。
非常に人間臭い部分を漂わせるトートです。
2幕目、真ちゃんトートの“ワル”っぽさ全開です。
オーストリアハプスブルク家の皇帝皇后は
ハンガリーの国王王妃も兼ねるようになりますが、
ハンガリーで2人がパレードする馬車の御者になりすまし、
彼らを彼らの知らない世界へと運んでいこうとします。
かと思えばマエストロになり、
現世の人々を嘲笑するかの如く2階窓からタクトを振り、
エリザベートの夫フランツ=ヨーゼフに
ハプスブルク家崩壊のイリュージョンを見せます。
前途に絶望したルドルフには悪魔のキスをして死の意識を吹き込み、
ピストルを渡して自殺へと導きます。
ルドルフが引き鉄を引いた後、
「ケッ、男とキスしちまったぜ」という表情で唾を吐き捨てつつ
冷然と去っていくシーンには鳥肌がたちましたね。

で私、真ちゃんトートの最大の特徴を発見しました。
彼はエリザベートと絡むより、ルドルフと絡んでいる時の方がいい、
つまり女性と絡むより、男性と絡む方が映えるということです。
これではこの作品のテーマから大きく逸脱してしまっています。
私達ヲトメが喜ぶ世界です。
イッちゃんは元男役で165cmあるし、2人並ぶと身長差がないから
トートがエリザベートを黄泉の世界に引き込んでいくという感じが得られないんです。
だから2人の絡み時のナンバー「愛と死の輪舞」「最後のダンス」は
思ったほど私の印象には残っていません。
この点は真ちゃんトートのこれからの課題かな?
それに比べて、
青年ルドルフをトートの魔に引き込んでいく件は魅せてくれました。
2人のデュエットナンバー「闇が広がる」は強く強く心に残りました。
だから真ちゃんが歌う数々のトートナンバーでは、「闇が広がる」が1番好きです。
(山口さんトートでは「愛と死の輪舞」が一番好き)
こんな真ちゃんトートだから、妄想しちゃうんです。
直人トート×直也ルドルフを。
トートが愛したのは実はルドルフだったという設定で。

エリザベートイッちゃんはさすがです。
ずっと彼女の「私だけに」が聴きたかった!
歌はいわずもがな、服従を強いるゾフィー皇太后&マザコンの夫
&古いしきたりで縛られた封建的な宮廷生活によってエリザベートが孤独感を募らせ
意識を自身の内に内に向けていく様を余すことなく演じきっていました。
特に老いたエリザベートとフランツ=ヨーゼフとのデュエット
「夜のボート」は秀逸です。
「僕には君が必要だ(あら?どっかで聞いたような台詞)、
 人生のゴールは寄り添いたい」とフランツは言うけれど、
「ゴールは2つよ。私達は交わることがない」とエリザベートは拒む。
2人の心情も舞台での立ち位置もすれ違いのまま終わる。
この2人の高い水準の歌唱力と陰影の深いやり取りこそが、
もう1度観たいと思った大きな理由です。

ただし真ちゃんの衣装で不満が残りました。
タッパのなさを殊更強調しまっているような衣装、
何とかならないのかと思いましたね。
マントやくるぶしまで届くような上着にワイドなラインのパンツ。
カシュクール風のたっぷりとした白のシャツに黒の細身パンツにロングブーツ。
(ベルばら・オスカルのように襟付きシャツだったら少しは救いがあったのですが)
これは長身の人にこそ似合う衣装です。(だから直人にも似合う)
私自身身長が低いからよくわかります。
山口さんとどうしても同じ感じの衣装を着なければならないのかなあ。
だとしたら辛いなあ。

てな具合です。
カーテンコールで見せてくれた笑顔が33歳とは思えないような可愛さで
思わず萌えでした。
演技で見せた冷ややかな笑いとのギャップが良かったです。ハイ!
スポンサーサイト

テーマ : 舞台とミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

EDIT  |  14:02 |  真ちゃんねるレポート  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2006.05.11 (Thu)

弁護士のくず4週目

第4回目見ました。
いやあ、ああいう隠された秘密即ち、
被害者とその義理の父親との間に肉体関係があったとは・・
おとなしい役・気弱な役が多い平田満さんが屈折した激しい役を演じていたのが新鮮でした。

ただ1つ疑問に思ったことがあります。
父親の首筋に大きなひっかき傷がありましたが、
あんな大きな傷だと被害者の爪の間に絶対肉片が残るはずだと思うんです。
こんな大きな物的証拠は鑑識も監察医も当然調査するでしょう。
そんな訳で、裁判を有利に展開する為に、少しでも多くの情報を集める必要がある弁護士の人達は警察に鑑識結果を尋ねないのかなあと思ったのです。
それとも肉片のDNA鑑定には時間がかかるのか?
ま、ド素人の私の老婆心ですが。
ドラマが『警視庁鑑識班』(by日テレ)じゃないからいいか。

ラストのくず、カッコよかったですねえ。
やはりヤクザ役を多くこなしてる人は迫力が違うなあ~と。
「弁護士が依頼人を殴ったらいけないよなあ」と武田真実の手首を掴んで静止した後に、
「たった1人の女の面倒見きれねえような奴は精子ばらまくんじゃねえ!!!」という台詞とリアクション。
もう、惚れ惚れしちゃいましたよ~vvv

かと思えば、パチンコやっている時の珍妙なスタイルには笑った、笑った。
モジャモジャ頭にキャップを後向きに被って、真っ赤なほっぺ。
いちおう勝負服だと思える白いスーツにすんごいセンスのネクタイ。
派手派手しい割には勝負事はからきし。
ああ、直人兄さんだったら、玉筋をサイコキネシスで「ウンニーッ」と
変えちゃうのに~と思ったりしました。

武田真実も1週毎にだんだん弁護士らしくなってきました。
家に戻った時に思わず出る鹿児島弁とのギャップが可笑しいです。
ただ新人らしく、生真面目過ぎてドつぼに嵌ってしまうようです。
そんな時、くずが手品の奥義を解説しながら言う何気ない一言が弁護の糸口になっていますね。
何だかんだ言って、くずもちゃんと新人の面倒を見てるんだ。

傍聴マニアのモト冬樹さん、スパイスが効いてますねえ。
面白いです。キャバクラ友達にして、奥が深そうな古本屋の主人。
あのキャバクラも毎回凝ってるしなあ。
でも、傍聴マニアって実際にいるのかなあ~?
EDIT  |  18:43 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2006.05.03 (Wed)

弁護士のくず3週目

ギャハハハハ・・ノッてきましたね。
今回の依頼人は、面会室で武田真実を見るなり「クリストファー!!」とぶちかまします。妄想女の眼には、武田は白馬の王子に見えていたのです。
この時のスタイルが、金髪にかぼちゃブルマー、白タイツの古典的王子スタイルで、見ているこっちが赤面する程に可笑しかった。
演じる伊藤ちゃん、これ着る時恥ずかしくなかったのかな?
その後ろで、くずは学芸会でよく使われるような馬の被り物をしていました。
豊ピーは劇団時代ああいうの被っていたような気がしますが、
劇団の公演を見に行ったことがないので、あくまでも推測です。
実際に見に行かれたことがあるシコさん、いかがですか?

この依頼は武田を直々に指名してきた案件ですが、
加藤徹子弁護士に「九頭先生も付いて行って下さいね」と言われると、
頬っぺたをプーッと膨らませて「やだ、やだ、やだ」とダダをこねます。
依頼人が拘置されている所轄署の前に来てもまだ、
腰が引けていて「やだ、やだ」を連発し、
後輩の武田に引きづられるように歩いている有様です。
この駄々っ子ぶりが激烈ラヴリーvv

かと思うと、面会室での依頼人・豪田珠美とのやり取りは凄かった。
くずの切れ者ぶりが垣間見えたシーンでした。
豪田役の片桐はいりさんと一対一で、緊迫感あふれる台詞の応酬。
キャリアのある役者同士のハイレベルの演技にグッと惹きつけられました。
実際の弁護士の仕事は、よくドラマで見られるような法廷シーンより、
依頼人との面会・加害者代理人としての被害者への謝罪・示談交渉など
地味な仕事が多いと聞きます。
前回も今回も法廷シーンは出てこなくて、そういったことからも、
本ドラマは大変リアリティがあるといえます。

あは、2度目のファンレター見られちゃいましたか。
何かあの犬目立つんですもの。
1週目は公園でカップ麺を食べるくずと武田の後で、
「ハアァ~」と疲れたリアクションしてたし、
2週目はキャバクラっぽいお姉ちゃん達と腕を組んで、
クズ達の後ろを素早く横切って行ったし、
出て来る度に何かあるんじゃないかと思わせる何かがあります。
あれを被っているのは、北野武氏じゃないかと踏んでいるのですが。
原作のくずは北野氏にそっくりなもんで、
最後の最後に被りを取って、アッと言わせる仕掛けなんじゃないかなあ
と勝手に思ってます。
息子のカキコも、あーお恥ずかしい限りです。
石原さとみちゃんを筆頭とする同世代より少し上の女優が基本的に好きなようですが、
北村総一郎氏も好きみたいです。
EDIT  |  00:43 |  エッシークレットタイムズ  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。